■投資 お金を増やす

■自己紹介


FPアドバイザー:happy ハリー


 

お金や投資につて、分かり易く、情報を提供します。


詳しいプロフィール  

★PR

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

■PR

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

PR


リボ払いの罠・知ってますか?

2014年10月23日

リボ払いは、分割払いの一つの支払方法ですが、

『毎月○万円だけ』と定額を支払う方法です。

クレジットカード会社は、積極的に『リボ払い』を勧めてきます。

『ゆとりを持って返済』

『毎月の返済額が変わらないので安心』

『リボ払いにするとポイント2倍』

『リボ払いの返済を設定すると、キャッシュバック○千円』

等々

毎月の返済が減ると言うことは、

一見『借り手にやさしい契約』のように思えますが、

そうではありません。

『リボ払い』にすると言う事は、

支払うべきお金を先延ばしにしていることです。

毎月の返済額が減れば減るほど、

返済し終わる日は遠いのです。

借金の期間が長くなると言う事です。

それだけ、利息も多く取られます。

しかも、リボ払いの利率は、

分割払いより高い利率で設定されています。

『毎月、同じ金額だけ払っていればいいから気にならない』

と考えているあなたは、危険です。

新たに買い物をしても、

リボ払い選択しておけば、月額の引落しは変わりません。

そのため、負担が軽いように感じ、気にならないのです。

ですが、新たに買い物をすれば、

先延ばしにする返済額は、当然増えます。

その借金は、遠い将来の自分が支払うのです。

さらに、怖いのは、

CMなどで宣伝されているリボ払いは、

『元利均等払い』だと言う事です。

返済期間が延びるにつれ、

計算上の利子がどんどん増えていきます。

そう。『毎月の返済額に占める利子の割合が増える』

つまり元本の返済がなかなか進まなくなるのです。

さらに、この利息は『複利』で計算されています。

より一層利子が増え、完済しづらくなるのです。

クレジットカード会社からすれば、

威力のある『複利』でできるだけ長い期間、

借金してもらいたいのです。

だから『リボ払い』を勧めるのです。

決して、あなたのためではありません。

自分は、

『消費者金融から借金なんてしてないし、多重債務者にはならないよ』

と思っているのかもしれませんが、

クレジットカードのリボ払いで、

『破産』に追い込まれる可能性がある事を知っておきましょう。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 
一眼レフを極める