FX通貨ペアの特徴

目安時間:約 3分


↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです
 
 
FXでトレードする通貨ペアは、沢山ありますが、
特徴を知ってトレードする事は、とても重要なので、
主な通貨ペアの特徴を説明します。

 

USD/JPY(米ドル/円)

ほとんどのFX会社で、スプレッドが最も狭い設定をしていて、

取引量も多く、初心者が取引し易い通貨ペアです。

スプレッドが狭い通貨ペアは、利益が出しやすいです。

通常は、値動きが穏やかですが、世界経済が大きくダメージを受けると、

値動きは、激しくなります。

 

EUR/USD(ユーロ/米ドル)

世界で最も取引されている通貨ペアです。

取引量が多いので、安定した動きで、初心者にもお勧めです。

 

EUR/JPY(ユーロ/円)

こちらも、取引量は多い通貨ペアです。

トレンドが出やすい傾向にあり、変則的な動きが、

それほど多くないというのも特徴です。

スプレッドも狭い傾向にあります。

しかし、ボラリティリティが、高い場合もあるので、

取引には、注意が必要です。

 

GBP/USD・GBP/JPY(ポンド/米ドル・ポンド/円)

ボンド系の通貨は、ボラリティリティが、高いく、

値動きが激しく動きます。

初心者には、難しい通貨です。

値動きが激しいとすぐに利益を出しやすいですが、

損した時のダメージも多きいです。

 

AUD/USD・AUD/JPY(豪ドル/米ドル・豪ドル/円)

豪ドル系(オーストラリア)の通貨は、

オーストラリアが資源国のため、資源国通貨とも言われています。

この通貨ペアは、商品先物等の値動きに影響を受けやすいです。

また、アメリカ・日本・中国の経済状況に影響されやすく、

各国の経済指標に注意して取引する必要があります。

日本との金利差が大きく、スワップポイントが高い事から、

金利狙いで、AUD/JPYの通貨ペアは人気があります。

 

 

↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです

カテゴリ:FX  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ