FXの海外口座 作る前に知っておいてほしい事

目安時間:約 5分

 

Fxの海外口座の魅力は、

ハイレバレッジで取引が出来る事と

ゼロカットシステムがある会社が有る事ですが、

いろいろと問題点もあります

口座開設の前に、知っておいてほしい事を

お伝えします。

 

海外口座は、日本語HPもあるため、

簡単に口座を作る事は出来そうですが、

契約書類に英語の書面が出てきたりして、

ストレスを感じる人も居ると思います。

 

入金する時のページが、英文のみだったり

メンテナンス等の案内が、全文英文のメールが届いたりします。

 

 

海外口座は、ハイレバレッジで取引出来るため、

少ない証拠金で、取引出来、お金の少ない人には魅力的です

ですが、少ない証拠金で大きく利益を出せると言う事は、

逆に、大きな損失を出すと言う事です

人は、儲ける事に心を奪われ、リスクを考えない事が多いです

 

ハイレバレッジ取引は、技術力のある人には、

大きな効果をもたらすでしょうが

技術の無い初心者の場合は、直ぐに資金を溶かしてしまいます。

 

 

 

海外口座は、国内口座に比べて

スプレッド(実質、証券会社の手数料、これが証券会社の儲けになる。)が広く、

取引すればするほど、国内口座より多くの手数料を払う事になります。

FX取引を海外口座と国内口座で、

同じ時間に、ポジションを持ち、

同時に決済をした場合、

国内口座の方が、利益は多くなります。

 

1トレードあたりの利益は、国内口座が多いので、

それを積み重ねていくと、大きな差となります。

 

また、海外業者は、大きくスプレッドを広げる事があり、

ハイレバレッジでポジションを持っていると

一瞬にして強制ロスカットされ、

相場から撤退させられる事もあります。

 

国内口座には、信託財産保全システムがあります。

金融商品取引法に基づき、証券会社に預け入れた資金は、

証券会社の資産とは別に、金銭信託として管理されています。

つまり、証券会社がもし、倒産しても、

預け入れた資金は、戻ってくる事になりますので、

安心出来ます。

海外FX業者には、日本FX業者のように、

信託財産保全が義務化されていません

 

もし、海外Fx業者が、倒産したら・・・考えた事有りますか?

口座に入っている資金は、戻って来ないかもしれません

 

訴訟を起こすにしても、外国ですから、ハードルが高すぎます

海外まで出向くの?

それに対応してくれる弁護士さんをどうやって探すの?

見つかったとしても、高額報酬払って、弁護士さんを雇いますか?

それに係る労力と、コストを考えるとあきらめるしか無くなりますよね

 

海外業者のサイトが突然消えてしまう事もあります。

自分の口座にログインしようとしたら、その業者のサイトが無い

出金依頼すら出来ない事が起きます

 

そういう事は、実際にありますので、

私も一度経験しました(この事は、また後日書きますね)

海外口座を開設したいと思うのであれば、

もしもの事が起きたらどうするか考えてからにしましょう

 

海外口座を作るなら、儲けが出たら、

元本を出金して、

その後は、儲けた分の資金でトレードをするのも

一つの方法だと思います

儲けが増えていけば、適度に出金して資金を移しておく

そうする事も大切かと思います

お金が無くなるのは、一瞬です。

 

海外口座は、出金時に手数料が係る場合もありますし、

出金した資金を国内の口座に送金して受け取る場合

国内の受け入れ銀行にも手数料を取られます。

(安いところで、3,000円くらい)

 

海外口座開設は、

いろいろと経験を積んで、

知恵が付いてからでも遅くないと思います

 

 

 

カテゴリ:FX  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ