FX 通貨ペアの選び方

目安時間:約 4分


↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです
 
 

FXでは、沢山の通貨ペアが有ります。

その、通貨ペアの選び方を理解し、

自分に合った通貨ペアで、トレードする事が大切です。

 

そもそも通貨ペアって何?

FX取引を行う場合、まずどの通貨ペアで取引するか決めてから、

さまざまな手法で取引していきます。
 
実際売買する2つの国の通貨の事を、通貨ペアといいます。
 
米ドルと日本円の組み合わせは、『USD/JPY』

ユーロと米ドルの組み合わせは、『EUR/USD』と表記されます。
 
『/』で、2つの通貨が区切られていますが、

左側は『基軸通貨』で購入する通貨の事を指し、

右側は『決済通貨』で売買する通貨を指します。
 
つまり、『USD/JPY』を買うと言うことは、

日本円を売って、米ドルを購入するという事です。

 

 

メジャー通貨とマイナー通貨

FXで取引される通貨は、メジャー通貨とマイナー通貨に分類されます。

メジャー通貨は、取引流通量の多い先進国の通貨の事です。
 
米ドル・ユーロ・日本円・英ポンド等が、メジャー通貨です。

これに対し、新興国の通貨がマイナー通貨です。
 
先進国は、新興国に比べて情報が入手しやすく、

相場分析もしやすいので、メジャー通貨を含む通貨ペアは、

相場が安定していると言うメリットがあります。

リスクを抑えた取引が出来るので、

初心者は、メジャー通貨のペアから取引をするといいです。
 
マイナー通貨の多くは、高い金利(スワップ)が設定されていて、

メジャー通貨は、金利が低く設定されてため、

高スワップを狙った取引をする場合は、

マイナー通貨と組み合わせるといいです。

毎日、スワップポイントが少しずつたまっていくので、

長期保有に向いてます。
 
しかし、マイナー通貨は、相場変動が激しく、

ロスカットのリスクが大きいので、

初心者には、向きません。

 
 
通貨ペアの選び方
 
①取引量の多い通貨を選びましょう
 
取引量が多いと言う事は、世界中のトレーダーがその通貨に、

注目していることを意味します。
 
より多くのトレーダーが注目していると言う事は、

それだけ高い精度の分析が可能となります。

情報量が少ないと、突発的な要因で、突然価格が大きく動き、

リスクの高い取引となってしまいます。
 
②ドルストレートを選びましょう

ドルストレートとは、米ドルと別の通貨の組み合わせた取引を意味します。

ドルストレートは、取引量が多く、相場が安定しています。

急激な相場変動が起こりにくく、比較的低リスクの取引が可能です。
 
③トレードスタイルで、通貨ペアを選ぶ

デイトレを行う場合は、トレンドが出ている通貨ペアを選ぶと、

多くの利益が狙えます。

金利目的の場合は、通貨の金利差の大きい通貨ペアを選びます。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:FX  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ