ドラマMIU404で、星野源さん演じる志摩が・・・・・

目安時間:約 3分


↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです
 
 

金曜ドラマ、MIU404を見ている時

たしか、第二話目だったと思う、
 
殺人容疑者の人質になった夫婦が、
容疑者と会話し、人柄を信じるようになって、
この人は、『人殺しでは無い』と、
捕まりそうな容疑者が、
逃げるのを手伝います。
 
その時、
 
星野源さん演じる志摩さんが、
『人は、信じたいと思うものを信じるものなんだよ!』

と叫ぶシーンがありました。
 
それって、実は、相場の世界でも同じ事、
 
上がると思うから買う、
でも、予想に反して、相場が下がっていく、
そこで『また、戻ってきて上がる』と勝手に思い込む。
 
相場は、下がり続け、下降トレンドとなっても、
戻って来ると思うから、
決済出来ず。
 
損失を膨らませ、戻って来るのを待ち続ける。
そう、それが人間、
 
それが人間の本能なのです。
人の心は、そういうものである事を、まず、理解して下さい。

 
そして、
 
その本能に逆らった行動をとらなければ、いけないのが、相場の世界。
 
それが出来なければ、相場の世界で生きて行けません。
 
自分のトレードルールに従い、
インジゲーターやチャートで、上がると判断して買ったはずです。
でも、上昇トレンドが、崩れたと判断される状況に変わったら、

思い切り、損切をしなければいけないのです。
 
それを身に付けるには、訓練しかありません。
 
 


↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです

FXが難しい・勝てない理由は

目安時間:約 2分

 

FXが難しい、勝てないと言われる理由は、

トレードルールに従っていない事になります。

自分で決めたトレードルールで、

相場がこうなった時にエントリーして、

こうなったら利食い、

こうなったら損切

と決めているはずです。

トレードルールなんて無いと言う人は、論外です。(消えてく人です。)

トレードルールに従って、感情と行動をコントロールして、

淡々と相場に向き合えなければ、

勝ち組トレーダーになれないのです。

簡単に、トレードルールに従うと言っても、それは大変な努力が必要です。

トレードは、人間の本能とは、真逆の行動をとらなければいけないので、

つらい思いをしながら身につけていく事になります。

人は、損をする事イヤなので、損切が出来ない。

1,2回連続損切が出来ても、3、4、5回と連続すると出来なくなる。

自分で決めたトレードルールなら、

何回連続であろうと損切をしなければいけません。

それを身に着けるには、訓練しか有りません。

デモトレードで、何度も何度もルールに従った損切をして、身に着けてください。

そして、勝てるようになったら、実口座で、最小ロットでトレードして、

損切に慣れて下さい。

損切が出来ないのが、人間の本能です。

でも、それが出来ないと命取りになります。

相場は、戻ってくるから大丈夫なんて考えて、損切しないでいると、

大きな損失を抱えて、泣く泣く損切か、口座破たんです。

だから、ひたすら訓練を重ねて下さい。

 

投資リスクの許容度を考えて、自分に合った投資を

目安時間:約 3分


 
 

投資は、ハイリターン(多くの儲け)であれば、ハイリスクが原則です。
 

高いリターンを狙うには、ハイリスクの商品を買う事になります。
 

値上がりしそうな株式に、すべてのお金を投資すれば、
 

高いリターンが得られるかもしれませんが、
 

予想に反して、値上がりしなかった場合の損失も大きいです。
 

一つに集中投資は、
 

損失が多きすぎ、資産運用をこれ以上続けられなくなってしまいます。
 

このような『ゲームオーバーリスク」に陥らないように、
 

投資を分散させる必要があります。
 

投資をする時、
 

『資産がどのくらいマイナスになっても運用を続けられるか』
(これを『リスク許容度』といいます)
 

この『リスク許容度』を常に考えましょう。
 

このリスク許容度を何%以内に設定するかは、
 

資産総額・仕事・個人の性格・家族の状態によって、各人それぞれです。
 

リスク許容度を20%程度と考えた場合
 

10万円の資産が、8万円に下がっても回復出来るであろうと考えると言う事です。
 

もし、20%のリスク許容度で、資産配分を考えるとするなら、
 

日本株式に30%
外国株式に20%
日本債権に10%
外国債権に20%
その他流動性預金に20%
 

の割合で、資金を分けて投資をするといいでしょう。
 

もし、もっとリスク許容度を低くしたいと考えるなら
 

外貨と株式の配分を減らします。
 

そして、日本債権や流動性預金の配分を大きくします。
 

もっと、リスク許容度を上げたいなら、
 

株式と外国商品の配分を上げます。
 

自分の環境に合わせて、納得出来る範囲で、リスク許容度を決めましょう。
 

やはり、投資で大事な事は、『徹底した分散投資』です。
 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ 

ページの先頭へ