FX自動売買EA BLUE MOON レビュー 開発者Wealth Tech Systems株式会社

目安時間:約 6分

 

 

このEA(自動売買ソフト)を購入したのは、

2019年7月です。

 

それを購入する以前に、使っていたEA(自動売買ソフト)が、

稼げなくなり、EAの変更を考えました。

その使っていたEAは、3年ほど使用し、

調子良く稼いでくれていたのですが、

 

相場環境に合わなくなったのか、

なかなか売買ポジションを持たなかったり、

ポジションを持っても、

今までに無いロスカットを

連発するようになってしまいました。

 

FXのEAは、販売サイトを見ていると、

売上ランキング トップ10に入っているEAも

1年以内には、ランキングから消えて無くなって

稼げなくなっている

 

新しく発売されたばかりのEAが成績が良く、

その後、1年以内に稼げなくなるのなら、

 

発売されたばかりのEAを購入し

稼げる間、短期的に稼働させた方が

いいのでは無いかと考えました。

 

そこで、発売したばかりで、

バックテストの成績がいいEAを選ぶ事に。

 

販売サイトの商品ページをじっくり読み

いいと思うEAを選んだ

それが、BLUE MOONです。

 

BLUE MOONの購入時の、収益状況は、以下の状況でした。

 

 

そして、このEAは、100万円が、

5年で億になるバックテストのデータも有りました。

 

 

そんな凄いEAが、有るんだ!?

でも、バックテストなので、その通りには行かないかも、

それでも、もしかしたら、

億は無理でも、1000万円は期待出来るのかも知れない

なんて、思ったり

 

BLUE MOONの開発者は、Wealth Tech Systems株式会社で、

その会社のPRとして

これまでに1000件を超えるEAを製作してきている。

ロジックの研究と開発、そして検証実験に日々尽力しており、

「勝てるEAの作成」においては誰にも負けないと自負している。

と掲載されていました。

 

個人が、趣味レベルで作ったEAと違い

プロの専門で、EAを開発している会社なので、

かなり、期待して、そのEAを購入し稼働させました。

 

その後の収益グラフは、以下の状況です

 

 

購入後、直ぐに下降を辿る一方

このEAは、スキャルピングのため、

1日に数回ポジションを持ちます。

 

このEAを動かして、気づいた事は、

このEAは、ポジションを持つ時間が決まっていて、

しかも、売りか買いかも、決まっている

つまり、何時何分にエントリーし、

その時間は買いとか、売りとか、

決まっているのだ。

 

EAが判断するのは、エントリーするか見送るかだけになる

そんな事であれば、EAを買わなくても、

その時間になれば、自分で、エントリーするかどうか判断して、

トレードする事だって出来るじゃん。

もし、そのEAが調子良く稼げているなら、

そのEAを、購入しない人も

そのEAがポジションを持つ時間になったら、

便乗エントリーなんてやったんでしょうね。

 

しかし、

BLUE MOON は、日々含み損を抱えながら、

ロスカットの連続

 

チャートを見ていると、

いや、違うでしょ。

なんで、そっちの方向にポジションをもつんだ?

私自身のトレンド判断と逆方向に、EAがエントリーする。

ストレスを感じるばかりでした。

 

結局、EAの代金を回収するどころか、

損切ばかりで、損失を膨らまし、EAを止めました。

 

プロの制作会社が、どうして、こんなEAをつくったんだろうか?

と思いました。

 

しかし、この会社の良いところは、

BLUE MOONのデーターを

成績が悪くなっても、掲載し続けているところです。

 

通常、販売者は、成績が悪くなると

EAのデータ計測の掲載を止め、

商品の販売ページを削除してしまいます

 

FXの自動売買ソフトは、購入判断は難しいです

バックテストの成績が、良くても稼げるとは限りません

 

BLUE MOON は、成績悪いですが、

Wealth Tech Systems株式会社の作った別のEA

例えば、デュアル・キャスト【1年以上の長期実績】最大ランキング1位の低損失・高利益型EA 2つのEAが1つになった『デュアルシステム』採用 | GogoJungleは、

今現在、成績がいい状態です。

 

EA選びって、ホント難しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ