利食いたくても、利食えない

目安時間:約 4分

 

 

株式投資をやっている友人が

 

『持ち株1銘柄、1単元100株で、

100万円の含み益になっているんだよね』

と話していた

 

『そろそろ利食たら?』

と私が言うと

 

『いや・・・。それが、利食うと、他の持ち株が

含み損なので、自分の口座が、

一気に大きなマイナス残となってしまうので

それが、耐えられない

と言う

 

面白い事言うなぁ・・・と思った

 

私:『じゃあ、含み損の株も一緒に、売って損切したら?

トータルでは、利益なんだし』

 

友人:『それも、なんか、嫌なんだよね。利益が少なくなるし』

 

私:『何目的の、株投資なの?配当と優待ねらい?』

 

友人:『いや、そういうわけでは無いんだけど、

今利益が100万になっている株の優待が、

あと2年持てば、長期保有者の優待で、

優待券が、3枚貰える。今まで、1枚だったのが・・・。

それも、今、売りたくない理由なんだよね。』

 

私:『その優待を待っていて、大暴落になり、100万の利益が、

無くなり、株価が戻って来ないかもよ(笑)』

 

友人:『だからねぇ・・・。そうも思うんだけど、売却出来ない。(笑)』

 

二人で、笑いながら、そんなタラれば論を話していた。

 

友人は、日々、売りたい衝動と、

売りたくない感情に悩まされているそうな。

 

友人の持ち株が、含み損のものも、株価が上がって、プラ転して

今、利益が出ている株も含めて、爆益になり、

持ち続けて良かったと思うかも知れないし

 

または、何とかショックとかが起きて、

大暴落の憂き目に合うかも知れない。

 

 

相場は、どうなるかなんて誰にも分らない

だから、売買益目的の投資なら、

自分なりの基準を作って、

このくらいの利益が出たら、利食うとか、

こうなったら、損切とか決めて、投資をする

 

投資スタイルは、人それぞれ

株式投資で有名な、あの桐谷さんは、

株価の上げ下げなんて、なんのその、

優待生活を送っていますね

 

友人は、余裕資金で株式投資をやっていて、

会社員の給与を貰って、安定した生活をしているので、

心配は要らないし、

 

株価の上げ下げに、一喜一憂しながら、

それは、それで、楽しんでいるのだから、

いいのかもしれない

と思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:株式投資  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ