FX初心者に向いているトレードスタイルは、スキャル・デイトレ・スイング?

目安時間:約 4分

 
 
FXをこれから始めようとしている人は、
スキャルピング・デイトレ・スイングトレード・長期トレードの
どのトレードスタイルがいいのか悩むと思います
それぞれのトレードスタイルについて、
説明しますので、参考にして下さいね。
 
スキャルピングは、ポジションを持ってから、数分~1時間程度で、決済する手法
デイトレは、言葉通り、そのポジションを持った日、1日で、決済する手法
スイングトレードは、2・3日~数週間かけて売買が完結する手法
長期トレードは、何ヶ月、何年もポジションを保有して、取引を完結させる手法
 
どのスタイルがいいかは、相場を見れる時間がどれだけ取れるかや
個人の性格や好みもあるかと思います。
 
相場を見る事が出来る時間の違いで考えると
スキャルピングは、トレード中、相場に張り付いてチャートを見ているので、
相場に張り付く時間の取れない方は、そもそも、スキャルピングは難しいです。
 
相場に張り付いて、チャートを見る事は出来ないが、
1時間に1度、相場を確認する事が出来るなら、デイトレードが出来ます。
 
1時間に1度も、相場を見て確認する事が出来ないのであれば、
4時間に1度、相場を見て確認をするスイングトレードや
1日に1度、相場を見て確認する長期トレードを選ぶ事になります
 
しかし、
スイングトレードと長期トレードは、長い間ポジションを持つ事になりますので、
先の相場の見通しを分析したり、
国際情勢の悪化等(戦争・テロ・災害等)、
相場の急な変化に対応出来ないと、大きな損失を被る事があります。
また、長期にポジションを持つため、トレード資金は多めに必要です。
そう言った事を考慮すると、
初心者には、スイングトレードや長期トレードよりも、
スキャルピングやデイトレの方が、お勧めです。
 
スキャルピング、デイトレのメリット・デメリット列挙しますので、
それを考慮して、自分に合った、トレードスタイルを選んで下さいね
 
スキャルピング
(メリット)
・短時間で、取引が完結する
・トレード1回あたりの損切額が小さい
・1日に、何度もトレードチャンスがある
・ポジションを持ち越さないので、安心して眠れる
・トレード回数が、多いので、FXの技術訓練に役立つ

(デメリット)
・相場に張り付かないといけない
・トレード回数が、多い分、スプレッドの支払金額が、
 他のトレードスタイルに比べ多くなる
 
デイトレ
(メリット)
・朝相場を確認し、注文を入れるだけで、あとは1時間置きに、確認するだけなので、
 相場に張り付かないでいい。
・ポジションを翌日に持ち越さないので、安心して眠れる

(デメリット)
・トレード回数が、原則1日1回のみ
・持ったポジションが気になり、仕事中落着かず、支障をきたす事がある
・スキャルピングに比べ、損切額が大きい
 
以上の事を考慮して、まずはデモトレードで、
トレードして、自分に合ったスタイルを見つけて下さいね。
スキャルピングやデイトレに慣れて来たら、
スイングトレードや長期トレードを小さいロットで、やって見るのもいいと思います。
 
 
 

カテゴリ:FX  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ