FX 海外口座か国内口座か 初心者には、どっちがいい?

目安時間:約 4分

FXを始めようとする時

どこで、口座をつくるか迷うと思います。

 

海外口座か国内口座か

いったいどっちで作るべき?

 

何故みんな海外口座を勧めるのか、海外口座のメリットは?

海外口座のメリットは、だいたい以下の2点です。

①ハイレバレッジで取引が出来る

②ゼロカットシステムがある

 

日本国内の証券会社は、法律により、レバレッジ25倍までと決められています。

しかし、海外証券会社は、500倍とか888倍とかで取引出来たりする。

 

たとえば、1ドルが100円の時、USD/JPYの取引をしたいとします。

10,000ドル購入したい場合の必要証拠金は

国内口座なら

10,000ドル×100円×1/25=40,000円必要となります。

海外口座なら(500倍で計算すると)

10,000ドル×100円×1/500=2,000円必要となります。

 

少ない資金で、多くの数量が買える海外口座は、

魅力的ではありますが、

トレード技術が身に付いていない状況では、

直ぐに資金を失ってしまいまので、

海外口座は、お勧めしません。

 

②のゼロカットシステムとは、

証拠金維持率が、定められたパーセント以下になった時、

証券会社は、強制ロスカットを行います。

その時、相場の急変で、ロスカットが間に合わずに

口座残高がマイナスになってしまった場合に、

その損失分を証券会社が負担して、

口座残高をゼロにリセットしてくれる

海外FX独自の非常にありがたいサービスです。

国内口座なら、そのマイナス分は請求され、

何が何でも支払わなければいけません。

FX口座を開設するときの契約書に、記載されています。

 

ゼロカットシステムは、有り難いですが、

そもそも、ハイレバレッジで取引していなければ、

強制ロスカットに合う事も無いでしょう

実力が伴わないうちは、

ハイレバレッジで取引は、やめましょう。

国内口座は、ゼロカットシステムは有りませんが、

余裕のある資金でトレードしていれば、

強制ロスカットに合わなくて済みます。

 

では、何故ネットでは、多くの人が、

海外口座を勧めるかと言うと

海外口座を紹介して、手数料を貰いたいからです。

口座開設の紹介料をもらうパターンと、

紹介された人が、トレードをする度に、トレード数量に応じて、

永遠に、紹介者にお金が入ってくるしくみが有ります。

 

私、個人的な意見ですが、初心者は、まず国内口座で、

少ない取引量で、トレードをする事をお勧めします。

 

技術と知恵が付いてから、海外口座を考えて下さい

 

海外口座には、他にもいろいろ知っておいて欲しい事が有りますので、

また次回に、書きますね。

 

 

 

 

カテゴリ:FX  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ