FX自動売買EA BLUE MOON レビュー 開発者Wealth Tech Systems株式会社

目安時間:約 6分

 

 

このEA(自動売買ソフト)を購入したのは、

2019年7月です。

 

それを購入する以前に、使っていたEA(自動売買ソフト)が、

稼げなくなり、EAの変更を考えました。

その使っていたEAは、3年ほど使用し、

調子良く稼いでくれていたのですが、

 

相場環境に合わなくなったのか、

なかなか売買ポジションを持たなかったり、

ポジションを持っても、

今までに無いロスカットを

連発するようになってしまいました。

 

FXのEAは、販売サイトを見ていると、

売上ランキング トップ10に入っているEAも

1年以内には、ランキングから消えて無くなって

稼げなくなっている

 

新しく発売されたばかりのEAが成績が良く、

その後、1年以内に稼げなくなるのなら、

 

発売されたばかりのEAを購入し

稼げる間、短期的に稼働させた方が

いいのでは無いかと考えました。

 

そこで、発売したばかりで、

バックテストの成績がいいEAを選ぶ事に。

 

販売サイトの商品ページをじっくり読み

いいと思うEAを選んだ

それが、BLUE MOONです。

 

BLUE MOONの購入時の、収益状況は、以下の状況でした。

 

 

そして、このEAは、100万円が、

5年で億になるバックテストのデータも有りました。

 

 

そんな凄いEAが、有るんだ!?

でも、バックテストなので、その通りには行かないかも、

それでも、もしかしたら、

億は無理でも、1000万円は期待出来るのかも知れない

なんて、思ったり

 

BLUE MOONの開発者は、Wealth Tech Systems株式会社で、

その会社のPRとして

これまでに1000件を超えるEAを製作してきている。

ロジックの研究と開発、そして検証実験に日々尽力しており、

「勝てるEAの作成」においては誰にも負けないと自負している。

と掲載されていました。

 

個人が、趣味レベルで作ったEAと違い

プロの専門で、EAを開発している会社なので、

かなり、期待して、そのEAを購入し稼働させました。

 

その後の収益グラフは、以下の状況です

 

 

購入後、直ぐに下降を辿る一方

このEAは、スキャルピングのため、

1日に数回ポジションを持ちます。

 

このEAを動かして、気づいた事は、

このEAは、ポジションを持つ時間が決まっていて、

しかも、売りか買いかも、決まっている

つまり、何時何分にエントリーし、

その時間は買いとか、売りとか、

決まっているのだ。

 

EAが判断するのは、エントリーするか見送るかだけになる

そんな事であれば、EAを買わなくても、

その時間になれば、自分で、エントリーするかどうか判断して、

トレードする事だって出来るじゃん。

もし、そのEAが調子良く稼げているなら、

そのEAを、購入しない人も

そのEAがポジションを持つ時間になったら、

便乗エントリーなんてやったんでしょうね。

 

しかし、

BLUE MOON は、日々含み損を抱えながら、

ロスカットの連続

 

チャートを見ていると、

いや、違うでしょ。

なんで、そっちの方向にポジションをもつんだ?

私自身のトレンド判断と逆方向に、EAがエントリーする。

ストレスを感じるばかりでした。

 

結局、EAの代金を回収するどころか、

損切ばかりで、損失を膨らまし、EAを止めました。

 

プロの制作会社が、どうして、こんなEAをつくったんだろうか?

と思いました。

 

しかし、この会社の良いところは、

BLUE MOONのデーターを

成績が悪くなっても、掲載し続けているところです。

 

通常、販売者は、成績が悪くなると

EAのデータ計測の掲載を止め、

商品の販売ページを削除してしまいます

 

FXの自動売買ソフトは、購入判断は難しいです

バックテストの成績が、良くても稼げるとは限りません

 

BLUE MOON は、成績悪いですが、

Wealth Tech Systems株式会社の作った別のEA

例えば、デュアル・キャスト【1年以上の長期実績】最大ランキング1位の低損失・高利益型EA 2つのEAが1つになった『デュアルシステム』採用 | GogoJungleは、

今現在、成績がいい状態です。

 

EA選びって、ホント難しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FX 価格は戻って来る?トレード初心者が、やってしまうミス

目安時間:約 3分

 

 

 

『FXトレードで、価格は戻って来るから、損切はしなくていい』

という言葉をよく聞きます

 

本当にそうでしょうか?

 

過去チャートを、確認して見て下さい

例えば、2015年6月1日に、USD/JPNを125.84円で

買いポジションを持ったとしたら、

そこから下落し、

その後、6年以上経ちますが、

未だに、価格は戻って無いです

 

2015年6月1日に、USD/JPNを125.84円で

買いポジションを持った後、

ずっと、含み損を抱え、

毎日、憂鬱な気分で過ごす事になります

それって、何の為に、トレードしているのか

分からないですよね。

『儲けるためじゃなかったけ?』と、思いませんか?

 

FXトレードを始めて、

最初は、トレードの手法を学び、

その手法に合わせて、損切を設定して、

トレードすると思います。

 

しかし、何度も損切に合い、

悔しがってチャートを見つめていると、

その損切の後、価格は元の流れに戻ってくる

損切しなければ、そのまま利益になったはずと思う

 

そういう経験を何度もしていると

価格は、戻って来るのだから、

損切はしなくていいじゃないの

と考えるようになり

損切を設定しないで、トレードするようになる

 

しかし、そこから地獄の始まり

含み損が、どんどん広がり、

資金を大きく減らす事になります

 

価格は、戻って来るのでは無くて

価格は、戻ってくるかもしれないし

戻って来ないかもしれない

が正しい考え方です

 

必ず戻って来る保証が無いなら、

最悪を考えて、戻って来なかった場合

大きな損失になる事を考えましょう

だから、あらかじめ設定した損切で、

決済する必要が有るんです。

 

戻ってきたら

それはそれで、仕方無い

次があるさと、淡々と

仕切り直して、次のチャンスを待ちましょう。

 

 

 

カテゴリ:FX  [コメント:0]

マーフィーのFX投資術の手法を使って225先物

目安時間:約 3分

 

 

 

今年、私は、マーフィのFX投資術の手法で、
日経225先物のトレードをやっています。

 

FXをやる比率を落として、先物トレードを多くしています。

 

マーフィーの手法は、日経225先物にも使えると
マーフィーさんが話していたので、やってみたところ
これが本当にピッタリ

FXの手法と全く同じように売買していますが、

225先物に、マーフィーさんの手法は、

とても合っています。

 

FX通貨は、相場の急変が多いですが、
それにに比べ、日経225先物は、
ゆったりとトレード出来ます。

相場の急変が、無いと言う意味では無く、
FX通貨に比べ、急変回数が少ないという感じです

 

それに、日経225先物miniだと、価格が10円上がれば、
1,000円の利益なので、資金効率がいいです。

 

貴方が、もし、マーフィーのトレード手法で、
FXトレードをやっているので有れば、
日経225先物miniもやってみるといいですよ

 

マーフィーのトレード手法は、
MT4にインジゲーターを表示して使うので

MT4が無い証券会社で取引する場合は、

他社MT4のデモ口座でも良いので、
それに、マーフィーさん手法のインジゲーター
スパンモデルとスーパーボリンジャーを表示させ

225先物を開設している証券会社で、
トレードをすると言う感じです。

 

ちなみに私は、GMOクリック証券で、取引していますが、
GMOクリック証券では、
マーフィーのトレード手法で使う、インジゲーターが、
表示出来ないので、

チャートは、他社MT4の225CFDに、
スパンモデルとポリンジャーーバンドを
表示してトレードしています。

 

ぜひ、試して見て下さい。

 

マーフィーのFX投資術 レビューページはこちら

 

 

 

カテゴリ:FX  [コメント:0]

FXの自動売買始め方いろいろ

目安時間:約 5分

 
 
 
FXの自動売買を始める場合、主に4つの事を、
自分で選択して決める必要があります。

 

(1)自動売買ツールをどうするか?

(2)有料のソフトを使うか、無料のソフトを使うか

(3)どんな手法の自動売買ソフトを選ぶか

(4)どれだけのポジションを持つのか

 

(1)自動売買ツールをどうするか?

自動売買ツールは、証券会社の独自開発されたのツールと、

MT4・MT5という、メタクオーツ・ソフトウェア社が開発した

世界共通で誰でも、使えるツールがあります。

MT4・MT5が使える証券会社で無い場合は、
必然的に、証券会社独自のツールを使う事になります。

 

(2)有料のソフトを使うか、無料のソフトを使うか

自動売買プログラムは、有料のものと、無料のものが存在します。

証券会社独自のツールで使うプログラムは、

無料で使えるのがほとんどです。

その場合、何十万以上の入金が必要とか、

条件が有ったりしますので、

よく確認してから、利用しましょう。

 

証券会社が、無料でプログラムを提供するのは、

沢山自動売買を利用してもらって、

スプレッドで儲けるためです。

 

MT4やMT5で使えるEA(自動売買ソフト)を

無料で、配布しているサイトも有ります。

この場合、そのサイトを運営する会社の指定する証券会社で、

新規に口座開設をしないといけない条件が付いています。

 

つまり、そのEA(自動売買ソフト)を無料にして、

証券会社から手数料をもらう仕組みです。

 

そのため、貴方が取引をする度、取引高に応じて永遠に、

その会社に証券会社から手数料が入ります。

 

そのEA(自動売買ソフト)で、貴方が儲ける事が出来るなら、

それも有りだとは思います。

 

有料のEA(自動売買ソフト)は、それを専門に扱っているサイト

例えば、 gogojungle(参考商品ページ→ユーティリティ・プレーヤー)や

システムトレードのテラス(参考商品ページ→GBP/USD FX Trader

★AWARD 2020 受賞EA★完全同一ロジックにより順張りも逆張りもこなす安定型EA | GogoJungle

で購入して、MT4・MT5にセットして利用します。

 

(3)どんな手法の自動売買ソフトを選ぶか

そのEAにも、スキャルピング用、

デイトレ用、スイングトレード用が有りますので、

自分の好みに合わせて選択します。

 

また、そのEAが、トレンドフォロー型なのか、

レンジ相場型なのか、理解した上で、選択します。

 

(4)どれだけのポジションを持つのか

そのEAが、最大どれだけポジションを持つのか、

ポジション1つだけのEAも有れば、

50ポジションとか沢山のポジションを持つEAも有ります。

多くのポジションを持つ、ナンピン系のEAは、大きな

含み損を抱えますので、注意が必要です。

資金不足で強制ロスカットにならないように、

資金をちゃんと計算してから、利用しましょう。

 

最後に、

自動売買ソフトは、サイトに良い成績が掲載されていても、

そのEA(自動売買ソフト)が、確実に儲けてくれるとは限りません。

そのサイトでは、勝率80%とバックテストで掲載されていても、

バックテストは、あくまでもバックテストです。

現在の相場でも80%の勝率だとは限りません。

その勝率が崩れた時、損失が膨らんで行きます。

期待だけが先行して、ポジションを大きく持たないようにして下さいね。

慎重に、3ヶ月くらいは、最少ロットで動かして見て下さい。

 

 

カテゴリ:EAの話 FX  [コメント:0]

怖くないFXの始め方

目安時間:約 6分

 

FXは、怖い

FXで、何千万失った

FXは、やらない方がいい

 

そんな話をよく耳にしますよね

 

私は、FXを始めようと思った時

身近にFXをやっている人が居なかったので、

自分でやりながら、痛い思いをしながら

勝てる技術を身に付けてきました

 

今、専業でやっているFxトレーダーの中には

大金を失って、そこから反省と勉強を繰り返し

安定して利益を出せるようになった人が多いです

 

失った大金を、勉強代と考えて

その後、取り返せたら、

それはそれで、いいのかも知れません

 

しかし、そこに行きつくまでには、

かなりの精神的苦痛を乗り越えていく事になります

 

そこで、

大金を失わない

怖くないFXの始め方って無いだろうか?

考えてみました

 

初心者は、何も知らなさ過ぎるから、

大金を失う羽目になっていて

事前に、知っていたら、

大損しなくて済むのでは無いかと思いました。

 

自動車の運転免許を取るように、

段階を踏んで、一つづつクリアしていけば

大事故は、防げるのでは無いかと思います

 

もし、貴方が、これからFXを始めるのなら、

これから話す事を、実行してみて下さい

 

まずFXの基礎知識を、本を1冊買って読んで下さい

基礎が学べる、初心者向けの本であれば、何でもいいです

自分が分かり易そうだと思う本を選んで下さいね。

各市場の取引時間とか、チャートの基本的な見方とか

どんな状態の時、強制ロスカットに合うのかとか

基本中の基本を学んで下さい。

デモトレードで、注文の入れ方や

決済の仕方

FXがどんなものか、体感して下さい

自分に合った手法を探して、勉強し、

デモトレードで、何度も繰り返し練習します。

きちんと利益を積み上げる事が出来、

自信が付くまで、繰り返します

デモトレードで自信がついたら

実際の口座で、トレードをします。

資金は、10万以下にします

それ以上の金額は、FX口座に入れないでください

1,000通貨で、やります。

それ以上、ロットは増やさないでね

 

自分が学んだ手法通り、トレードします。

必ずポジションを持つと同時に、

ストップロスの設定を必ずします。

ストップロスは、絶対にはずさないで下さいね。

 

1,000通貨で、勝ち負けを繰り返しながら、

資金を倍の20万になるまで、1,000通貨で頑張って下さい。

 

資金が20万になったら、ロットを増やして、

2,000通貨でトレードします。

。資金が、30万になるまで、2,000通貨で頑張りましょう。

もし、資金が、20万を割り込んで、20万に満たなくなったら

ロットを1,000通貨に落としてやり直します。

以下の感じで、資金の増減に応じて

ロットを増減させて下さい。

 

資金が、20万未満 1,000通貨でトレード

資金が、20万以上 2,000通貨でトレード

資金が、30万以上 3,000通貨でトレード

資金が、40万以上 4,000通貨でトレード

 

そうやって、資金が50万になる事を目指して

頑張って下さい。

資金が50万 目標達成です。

 

ここに行きつくまでに、いろんな事を経験すると思います。

自分が、窮地に立たされた時、

どんな感情を持つのか、どんな行動をするのか

自分の知らなかった、自分に気づくでしょう。

 

上手く行かない場合は、ルールを守っていないからです。

ストップロスを入れていない

ロスカットに掛かりそうになったので、ストップロスを外した

ルール通りのエントリーポイントに、なって無いのに

チャートにつられて、ついついエントリーした

勝手に、ロットを増やして、トレードした

そんな事をやってしまっていると思います。

 

FXで、資金を増やして行くためには、

ルールに従うように、

自分をコントロールする事が必要である事が、

理解出来たと思います。

 

さあ、頑張りましょう。

 

 

 

 

 

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

12月、FX・株・先物トレードは、そろそろ手仕舞いを

目安時間:約 3分

 
 
 
12月も半ばを過ぎました。
そろそろ、手仕舞いをして、トレードのお休みに入りましょう
この時期は、欧米のトレーダーは、クリスマス休暇に入ります
市場参加者が少なくなり、閑散として
トレードに不向きな時期になります
 
多くのトレーダーが、休暇を取る時期は、
市場参加者が偏り、普段とは違った値動きをする事が有ります
 
そんなタイミングでポジションを持っていたら、
想定以上の損失を被る事になりかねません
 
年末年始、せっかく、まとまった休みで、
市場が開いているので有れば、
トレードにどっぷり浸かりたい
その気持ち、よく分かります
 
もっと稼ぎたいとか
早くトレード技術を磨きたいとか
考えてますよね
 
他の人が遊んでいる時も、頑張って
努力したら、神様は見ていてくれて、
きっと良い事がある?
 
でも、
酷ですが、その努力報われませんよ
 
私は、何年もトレードをやって来て
12月、相場が開いている限り
メチャクチャ頑張って、相場に張り付いて
トレードしました。
 
その結論は、やるだけ無駄だったです。
 
12月がいつも、トレード成績が悪かったです
頑張ったのに、マイナスで、お金減らして
バカみたいと思たもんです
 
その事を、身を持って分かってからは、
12月は、早めにトレードを休む事にしています
 
トレードしないと、チャンスを逃してしまう
気になると思います
 
チャートを後から見ると、
ああ、こことここ取れたと
悔しくなる
でも、それは、終わったチャートを見てるから
分かり易く、そう感じるだけであって、
実際、リアルタイムで動いている相場では、
対応出来ないのです。
 
こんな難しい時期に、無理して、
トレーディングしないで、
休みましょうね
 
相場の格言に有るじゃないですか
『休むも相場』って
 
12月中旬~1月中旬までは、
思い切って、休みましょう
 
この時期は、今年1年間の反省と
来年に向けての計画立てたり
勉強したり、
大切な人との時間を有意義に過ごす事に
時間を使って下さいね。
 
 
 

FXの自動売買は、初心者に向いているのウソ

目安時間:約 2分

 
 
 
yahoo知恵袋等の相談サイトに、
『FX初心者なのですが、FXで勝っている人は、どんな教材で、
勝てるようになったのか教えて欲しい。』とか
『FXで、負けてばかりいる。どうしたら勝てますか?』
と言った質問の書き込みを、多数見かけます
 
その質問に対し、
『自動売買は、システムが勝手に判断し、エントリー、決済をするので、
自分でやるように、裁量判断で、損切を失敗したりしない
だから、初心者は、自動売買をやった方がいい』
と、自動売買を勧める回答が、けっこうある
自動売買販売サイトのリンクを貼って、誘導もしている
 
本当に、初心者には、自動売買がお勧めなのか?
 
確かに、感情トレードにならないと言う利点がある
しかし、それは、その自動売買システムが、
現在の相場に合っている場合のみ機能する話です
 
プログラムを選ぶにしても、
素人じゃあどれを選んでいいのか分かりません。
 
連続して損切に合った時
その自動売買を、そのまま続けるのか
一旦止めて、様子を見るのか
完全にそのプログラムは止めて
別の自動売買ソフトを導入するのか
そう言った判断が必要です
 
そのような判断は、素人には無理ですよね
知識と経験で培った、相場感が必要です。
 
だから、自動売買をやりたいなら、
せめて裁量トレードが出来るように
勉強と経験を積んでから始めて欲しいです。
 
楽して簡単に、儲ける方法なんて、
無いんですよね、本当は。
 
 
 

FX自動売買 推奨証拠金額は、信じない

目安時間:約 3分

 
 
 

FXの自動売買EAを選ぶ時、
スキャルピング、デイトレ、スイングトレード、長期トレード?
トレンドフォロー相場?レンジ相場?
ポジションは何個持つ?ナンピン系?
勝率は?
いくら有れば、このプログラムを動かせるか?
とか、考えて検討すると思います
 
自動売買プログラムの、販売ページには、
推奨証拠金が掲載されており
 
その金額有れば、そのプログラムは、
安全に稼働出来るのねと、
 
推奨証拠金を準備し、プログラムを購入し
寝てる間も、そのEAが稼いでくれる事を夢見て、
EAを稼働させる
 
しかし、
その推奨証拠金、安全では有りません
 
私は、昔、40万くらいの推奨証拠金が表記されている
自動売買ソフトを購入した事があります
 
ナンピン系のEAで、含み損を抱えながら、
利益になるまでポジションを持ち続け、
利益になったら、決済すると言うEAでした
 
ナンピン系なので、持つポジションは、
少な目に設定しました
 
しかし・・・
 
稼働一ヶ月も経たないうちに
朝起きたら、
強制ロスカット、
どひゃーと叫び、倒れそうになった。
寝ている間の、ニューヨーク時間に
急変があり、通常は、
あり得ない大きな値幅の乱高下が有ったらしい
 
EAの販売サイトでは、
そのプログラムの状況を
どこでポジションを持ち、
どこで、決済され
損益がいくらで、累計損益がいくらか
常に掲載されている
 
そのページは、おそらく
強制ロスカットに合い、破綻して、
損益が、大幅損失で、
きっと掲載されているんだろうね
と思い、そのEAの販売ページを開いて見た
 
ところが・・・
 
そのEAの販売ページ
推奨証拠金を100万円増やして、
140万円と掲載され
何も無かったかのように
大きな含み損は抱えたが、
強制ロスカットに合う事無く
現在も、ポジションを持ち続けている
という状態となっていた
 
唖然だった
 
もちろん、相場は自己責任
販売ページの推奨証拠金を
鵜呑みにした自分が悪い
 
投資なんだから、
自分で、ちゃんと計算しないといけないよね
 
反省しました。
 
貴方も気を付けてね。
 
 

カテゴリ:EAの話 FX  [コメント:0]

FX経費 PCの購入代金を経費に入れる時の注意

目安時間:約 3分

パソコンを、Fxトレードの為に購入した場合は、経費になります。

確定申告時、パソコンの購入代金を、

FXの経費にする時に2つ注意する事がありますので、

 

今日は、その話をしますね。
【1】購入金額により経費に入れる金額を分ける必要がある場合

【2】パソコンの利用状況により一部のみ経費になる場合

以上の二つの事について、説明しますね。

【1】購入金額により経費に入れる金額を分ける必要がある場合

(1)パソコンの購入代金、100,000円未満の場合
全額、購入した年度の経費になります

(2)100,000円以上200,000円未満の場合
全額、購入年度の経費に出来ません
次の2つの方法から選べます

⓵4年間で、分けて経費にする方法
(パソコンは、法律上4年(耐用年数)使えると考えて、決められています。)
購入した年は、月数按分します。

パソコン代金÷4年×月数/12ヶ月
※月数は、購入して使用した月から12月までの月数

⓶3年で均等に分ける方法
(一括償却資産といって、明細書を確定申告書に添付しないといけないです。)

パソコン代金÷3=その年の経費
※年の途中で購入使用しても、月割計算しないでいい

(3)200,000円以上の場合
上記(2)の⓵と同じ計算方法のみ、つまり4年(耐用年数)で分ける

パソコン代金÷4年×月数/12ヶ月
※月数は、購入して使用した月から12月までの月数

【2】パソコンの利用状況により一部のみ経費になる場合

購入したパソコンを、FXトレード以外の私的なものにも使う場合、
FXと無関係の動画を見たり、ネットショッピングをしたり等々
この場合、FXの為に使っている割合部分のみを経費に出来ます。

 

半々FXと私的なものに使っていると思うのであれば、
上記【1】で計算した金額の50%を経費にします。

 

一日の80%くらいをFXの為に、使っていると思うのであれば
上記【1】で計算した金額の、80%を経費にします。

FX初心者に向いているトレードスタイルは、スキャル・デイトレ・スイング?

目安時間:約 4分

 
 
FXをこれから始めようとしている人は、
スキャルピング・デイトレ・スイングトレード・長期トレードの
どのトレードスタイルがいいのか悩むと思います
それぞれのトレードスタイルについて、
説明しますので、参考にして下さいね。
 
スキャルピングは、ポジションを持ってから、数分~1時間程度で、決済する手法
デイトレは、言葉通り、そのポジションを持った日、1日で、決済する手法
スイングトレードは、2・3日~数週間かけて売買が完結する手法
長期トレードは、何ヶ月、何年もポジションを保有して、取引を完結させる手法
 
どのスタイルがいいかは、相場を見れる時間がどれだけ取れるかや
個人の性格や好みもあるかと思います。
 
相場を見る事が出来る時間の違いで考えると
スキャルピングは、トレード中、相場に張り付いてチャートを見ているので、
相場に張り付く時間の取れない方は、そもそも、スキャルピングは難しいです。
 
相場に張り付いて、チャートを見る事は出来ないが、
1時間に1度、相場を確認する事が出来るなら、デイトレードが出来ます。
 
1時間に1度も、相場を見て確認する事が出来ないのであれば、
4時間に1度、相場を見て確認をするスイングトレードや
1日に1度、相場を見て確認する長期トレードを選ぶ事になります
 
しかし、
スイングトレードと長期トレードは、長い間ポジションを持つ事になりますので、
先の相場の見通しを分析したり、
国際情勢の悪化等(戦争・テロ・災害等)、
相場の急な変化に対応出来ないと、大きな損失を被る事があります。
また、長期にポジションを持つため、トレード資金は多めに必要です。
そう言った事を考慮すると、
初心者には、スイングトレードや長期トレードよりも、
スキャルピングやデイトレの方が、お勧めです。
 
スキャルピング、デイトレのメリット・デメリット列挙しますので、
それを考慮して、自分に合った、トレードスタイルを選んで下さいね
 
スキャルピング
(メリット)
・短時間で、取引が完結する
・トレード1回あたりの損切額が小さい
・1日に、何度もトレードチャンスがある
・ポジションを持ち越さないので、安心して眠れる
・トレード回数が、多いので、FXの技術訓練に役立つ

(デメリット)
・相場に張り付かないといけない
・トレード回数が、多い分、スプレッドの支払金額が、
 他のトレードスタイルに比べ多くなる
 
デイトレ
(メリット)
・朝相場を確認し、注文を入れるだけで、あとは1時間置きに、確認するだけなので、
 相場に張り付かないでいい。
・ポジションを翌日に持ち越さないので、安心して眠れる

(デメリット)
・トレード回数が、原則1日1回のみ
・持ったポジションが気になり、仕事中落着かず、支障をきたす事がある
・スキャルピングに比べ、損切額が大きい
 
以上の事を考慮して、まずはデモトレードで、
トレードして、自分に合ったスタイルを見つけて下さいね。
スキャルピングやデイトレに慣れて来たら、
スイングトレードや長期トレードを小さいロットで、やって見るのもいいと思います。
 
 
 

カテゴリ:FX  [コメント:0]

ページの先頭へ