■投資 お金を増やす

■自己紹介


FPアドバイザー:happy ハリー


 

お金や投資につて、分かり易く、情報を提供します。


詳しいプロフィール  

★PR

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

■PR

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

PR


借入金返済・・・元利均等払いと元金均等払い、どっちが有利か知っていますか?

2014年09月10日


 
 

借入をすると、月々いくらかづつ返済していきます。

毎月返済しているお金には、『元金』と『利子』の二つが含まれています。

あなたが、今支払ったお金が、

元金の支払なのか利子のなのかを知る事は、とても大切です。

借入の返済方法には、大きく分けて2つあります。

『元利均等払い』と『元金均等払い』です。

『元利均等払い』は、

元金と利子を合わせた返済額が、

毎月同じ額になるように、支払う方法です。

借入金の金額と元金と金利、返済期間が、決まれば

トータルでいくら利子を払わなければいけないかがわかります。

その利子の合計と元金を合計して、返済回数で割れば、

一月あたりの返済金額が決まります。

毎月同額を、最後の返済月まで支払う方法です。

『元金均等払い』は、

もともと借りている元金を返済期間で均等に割り、

それに利息を加えて返済していく方法です。

利息は、元金の残高に計算されるので、

最初は利息が大きく元金が減るにつれて利息が少なくなります。

各月の返済金額は違います。

最初は返済額が多くなり、

返済期間が経過するにつれ、月々の返済額は少なくなっていきます。

多くの場合『元利均等払い』が選ばれます。

最初のうちは支払額が少ないのと、

毎月定額なので分かり易いと考えるからでしょう。

金融機関も、

『こちらの方が、お客様負担が少なくて、よろしかと思います。』と勧めてきます。

でも、これが罠なんです。

『元利均等払い』の場合、返済当初は、利息分を先に払っていく仕組みになっています。

元金の返済がメインになるのは、随分期間が経過してからです。

元金がなかなか減らないというのは、その分利息が多くなる事を意味します。

元金を先に払うか、利子を先に払うかは、とても大きな違いになります。

じつは、金利を先に返済する方が圧倒的に不利です。

同じ借入金額・同じ利率・同じ返済期間で比較計算すると、

支払う金額は、『元利均等払い』の方が圧倒的に多いです。

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ 

FXの利益は、原則確定申告が必要です。

2014年08月26日


 
 

 

こんにちは、ハリーです。

 

友人に、『FXって申告必要?』って聞かれたので、

 

今日は、この事について、説明します。

 

FXは、原則申告が必要です。

 

年収2000万以下のサラリーマンは、給与以外の収入が、FXのみだった場合

 

FXの利益が、20万以下なら、申告は不要となります。

 

年収2000万超のサラリーマンや、サラリーマンじゃない人は、FXの申告が必要という事です。

 

FXは、『外国為替証拠金取引』の事で、

 

通貨の売買をします。

 

つまり、円を売ってドルを買うとか、ドルを売ってユーロを買うとかの取引です。

 

FXを扱う会社に一定のお金(証拠金)を預け、その何倍もの金額を取引出来る金融商品です。

 

FX取引は、株の特定口座のような源泉徴収制度が無いため、利益が出れば原則確定申告が必要です。

 

注意が必要なのは、FX取引でも何処で取引しているかによって、

 

申告方法も税金の計算も異なってきます。

 

次の2つに分類されます。

 

①東京金融取引所を通して取引する『くりっく365』

 

②FX会社と直接取引をする『相対取引』

 

『くりっく365』は、『申告分離課税』で税率は一律20%(取得税15%住民税5%)です。

 

※申告分離課税というのは、給与とか他の所得と別に単独で税率を掛けて計算する方法です。

 

『FX会社と直接取引の相対取引』は、『総合課税』です。

 

※総合課税というのは、給与とか他の所得と合計して、トータルに税率を掛けて計算する方法です。

 

総合課税の場合、合計した所得の金額に応じ、

 

税率が5%~40%と所得が大きくなるにつれて税率が高くなります。

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


 

演歌歌手の畠山みどりが都内の自宅の家賃を滞納で訴えられたニュースを見て

2014年04月23日


 
 

昨日の、ニュースで、演歌歌手の畠山みどりさんが、

家賃滞納で訴えられたと言うニュースが報道された。

私は、畠山みどりさんと言う人物を全く知らなかったんですが、

『バブル期に株に手を出して莫大な借金を背負った』と書かれている。

『手を出して』と言う表現なんですが、

株式投資が悪いことと言う視点に立って書かれている。

メディアが読み手を操作してしまっていますね。

株式投資は、決して悪い事では、ありません。

勉強もせず、知識を持たないでやっている事がいけないんです。

もし何かあったら、どんなリスクがあるのか?考えずに投資をする事がいけないんです。

芸能人のニュースに多いですよね『株で大損して財産を失った』とか、

『株で失敗○○億の借金を背負った』なんて事が、

そもそもよく分からないのが、『株で失敗するとなぜ借金を背負うのか?』が理解しがたい。

株は、買った金額以下になったら、もちろん損失が発生する。

その会社が倒産してしまえば、株価はゼロになり、買った金額が戻って来ない。

つまり、投資した資金が消滅するだけのはずなのに、なぜ借金が出来るのか?

有るお金で、株を買っていたのでは無く、借金をしてそのお金で株を買ったか、

もしくは、有り金全部を株の購入に充てて、株が暴落したため、

生活費を借りる事になったから、借金を背負った?

おそらく、前者の理由だと思います。

そもそも、前提が間違っている。

貯めたお金で、株式投資はやるべきです。

絶対に、借入したお金で株式投資はしてはいけません。

そして、徹底したリスク分散が投資の世界では、一番大切です。

一つの銘柄だけに多額の金額を投資するのは、危険です。

株式だけの投資をするのも危険です。

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ 

投資信託を購入する時のチェックポイント

2014年04月15日


 
 

投資信託を初めて購入する時は、あまりの商品の多さに圧倒されて、
何を買ったらいいのか解らなくなる事があります。
いろいろ見ているだけでも、時間がかかり、疲れてしまいますね。
投資信託を選ぶときのチェックポイントを上げてみますね。

1、ノーロードか手数料有りか?
 初めての場合は、ノーロードがいいでしょう。

2、債権型か株式型か?
 両方をそれぞれ買いましょう、
 一つしか買うお金が無い時は、債権型を先に買うといいでしょう。
 で、次にお金が有る時に株式型をかいましょう。

3、国内型か国際型(海外)か?
 両方をそれぞれ購入しましょう。
 一つしか買うお金が無い時は、国内型を先に買うといいでしょう。
 で、次にお金が有る時に国際型をかいましょう。
 ただし、国際型(海外)は、どこの国に投資するものか確認を、
 初めての時は、先進国に投資するものを選びましょう。
 新興国にたいするものは、リスクが大きくなるので、
 投資に慣れてから、買うようにした方がいいと思います。

4、インデックスファンドかアクティブファンドか?
 最初は、インデックスファンドを買うといいでしょう。
 その後、アクティブファンドも取り入れて行きましょう。

5、償還期限有りか無期限か?
 最初は、無期限のものを選ぶといいと思います。
 償還期限が有るものを買う場合は、
 償還期限があと5年以上残っているものがいいと思います。
 もし、償還期限が後1~2年で終わりと言うものを買うと、
 購入後に価格が下落した場合、回復しないまま償還期限を迎えると
 損失になってしまいます。

6、純資産総額を見よう。
 純資産総額とは、簡単に説明すると、
 投資信託の代金を投資家から集めた金額に、
 運用益が加算され、経費が引かれた金額です。
 商品説明のところに、純資産総額が表示されていますので、確認しましょう。
 出来るだけ、純資産総額が大きいものを選びましょう。
 解約が多くなって純資産総額が少ないものは、
 無期限のものでも終了してしまうかもしれません。
 純資産総額の過去の推移グラフもありますので、
 増えているのか減っているのかも見る事が出来ます。

7、基準価格について
 投資信託を最初に募集する時の基準価格は、10,000円からスタートしています。
 最初に買う人は、10,000円で買っているという事です。
 それが、いま上がっているのか下がっているのか見ておきましょう。
 投資信託は、買いの注文を入れる時、表示される基準価格は前日のものです。
 実際いくらかは、購入後に確定しますので、
 少し金額がずれる事を覚えておきましょう。
 
8、チャートを見る
 過去の基準価格の変動のグラフがありますので、
 いまの価格がどのぐらいに位置するのか確認しましょう。
 今が一番高い位置に有る場合は、さらに上がる見込みがあるならば買ってもいいのですが、
 判断が難しいと思うので、避けたほうが無難でしょう。

9、過去の分配金
 過去の分配金の支払実績がありますので、見ておきましょう。
 分配金の支払は、商品によって、年1回とか半年に1回とか毎月とかあります。

10、分配金受取りコースか再投資コースか
 分配金を受取りコースにするか、再投資にするかを選択する場合があります。
 分配金受取りコースだと、その都度税金が引かれて受取るので、
 複利の効果を考えると再投資がいいでしょう。
 しかし、配当の入金が口座に毎月入ってくるのが、
 楽しみで受取りコースにしたいと言う人もいます。
 (株式型の場合はニーサ口座だと税金は引かれません。)

10、解約時の手数料の有無
 解約時に手数料が取られるものと無いものがあります。
 納得できれば、どちらでもいいです。

以上、投資信託のチェックポイントを思いつくままリストアップしました。
参考にしていただければ幸いです。
他に思いついたら、追加更新しますね。

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ 

ブログ管理人のプロフィール

2013年10月03日


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

初めまして、ハリーです。

私は、もともと金持ちではないどちらかと言うと、貧乏な家庭に生まれました。

お金が無いから、欲しいものをねだる事も出来なかった。

でも、なんとか食べていけたから、ちょっと貧乏だったのかな?

貧乏なのに、稼ぎ手の父が、突然の事故で亡くなりました。

ちょうど、中学三年の秋、進路決定の時期だった。

この時、『高校を出たら働かなければいけない』と考えて、

商業高校への進学を決めました。

中学では、テニス部だったので、

高校でもテニスをと思いましたが、

母に『部活はやらないで、家事をやってくれ』と言われ断念

高校を卒業するころ、姉は大学に進学していたので、

私も、もしかしたら大学行かせてもらえるかなと希望したが、

母に『働いて、お金を入れてくれ』といわれ、仕方無いと断念。

その後、経理関係の仕事をしながら、資格試験の勉強を始め。

資格試験勉強の学費が足りず、なんどもカードローンでやりくりしました。

カードローンは、利息が高いと知りつつも、今勉強する必要があると思っていた。

父の死をきっかけに、『人は突然死ぬ、自分もいつ死ぬか分からない』と考えるようになっていたから

だから、後悔しないように、『今なんだよ』って

カードローンは、絶対に返せる自信が、何故か有った。

あの頃、投資の知識があったら、私の人生変わってたなぁ・・・って。

今でも思います。

日本では、お金の教育ってしないですよね。

投資をする人も少ない。

お金持ちの家庭に生まれないかぎり、お金に支配される人生となってしまう。

投資は、お金に苦労している人が、豊かになれる一つの手段だと思います。

そんな、お金に苦労している人に少しでも役立てるように、

このブログで、情報を発信して行きたいと思います。

このブログを通じていい人間関係が出来るといいなぁ~!!

よろしくお願いします。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

金融資産を6つに分類して、組み合わせる。

2013年08月12日


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

金融資産を分類して、カテゴリー別に分けたものを『アセットクラス』といいます。

次の6つに分類して、投資を考えよう。

①流動性資産(普通預金・郵便貯金・MRF)

②日本株式(国内株式・国内株式に投資する投資信託・ETF・ミニ株等)

③日本債権(日本の国債・日本企業の社債・MMF・国内債権型の投資信託・円の定期預金)

④外国株式(外国株式・外国株式に投資する投資信託等)

⑤外国債券(外国国債・外国企業の社債・外貨MMF・外国為替保証金取引等)

⑥その他の資産(金・不動産・不動産投資商品(REIT)・オルタナティブ投資商品等)

株式型は、高いリターン(利益)が、期待出来ますが、下落のリスクがあります。

債権型は、元本の安全性は高いですが、株式のようなリターン(利益)は望めません。

海外に投資するものは、為替リスク(円と外貨のレート差額が生じる)

それぞれ、メリットとデメリットがありますので、

うまくバランスを取って投資しましょう。

一つの種類に偏った投資は、リスクが大きかったりしますので、

分散投資を絶対に忘れないで下さい。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

 

 
一眼レフを極める