FXは何が怖いのか?住宅購入資金を溶かしてしまった話。

目安時間:約 2分

 

 

FXが怖いと言われるのは、
 
自分が、実際に預入ているお金の、何倍もの金額を売買している事を、
 
意識していないために、大きな間違いを冒す事にあります。
 
日本国内証券会社であれば、50,000円くらい入金して、
 
約1,000,000円分のドル等の通貨を売買出来ます。
 
海外の証券会社なら、50,000円くらい入金して、
 
約25,000,000円分のドル等の通貨を売買できます。
 
実際トレードしている本人は、
100万とか1,000万とかの大きな金額を動かしている感覚が無い。
 
大きく儲ける可能性がある事は、大きく損失を被る可能があります。
 
人は、みんな欲張りです。
 
その欲をコントロールできる技術を学ばなければいけません。
 
次の動画は、決して他人事では有りません。

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

投資はしたいけど、どうしても怖くって手が出せない人へ

目安時間:約 3分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

私も昔は、『株とか投資は絶対にするもんでは無い』と思っていました。

『余裕資金が有って、これがゼロになっても後悔しないと思える人は、

やればいいんじゃない。私はやらないけど~』と思っていました。

ギャンブルだとも思っていた。

テレビドラマでは、『株で大損してねぇ・・・』

なんてストリーもよくある。

新聞では、『投資の損失を埋めるため、会社のお金に手を出した。』

なんてニュースもよくある。

でも、ある日給与が上がらない現実を知った時、

『このままでは、いけない』と危機感を感じました。

そんな時、何気なく立ち寄った本屋で手にした投資の本を読んで、

考え方が間違っていたんだと気づきました。

リスクを知り、正しく投資をすればお金は増えて行く、

むしろ始めない方が損失なんだと。

どうしても、怖くて不安な人は、

精神的な不安を、まず取り除くことから始めましょう。

とにかく最低限の金額から始めましょう。

一万円以内で買える商品もあります。

千円から積み立て出来るものもあります。

もし、数千円~1万円投資して、

それがゼロになったとしても、勉強代と考える事が出来ると思う。

『大丈夫だな。』と感じたら追加して購入すればいい。

銀行の定期預金をするのが、不安な人はいないと思います。

それならば、次のステップとして、日本の国債を買えばいいです。

銀行預金よりは、利率は高いし、為替レートの影響を受けないので、安心です。

ただ、国債は2年以内に解約すると、

貰った利息と解約手取りを合計しても、元本割れしますので、注意して下さい。

もちろん、リスクが低い分、株とかに比べたら、儲けは少ないです。

でも、まずは、投資に慣れる事が大事です。

少額から、リスクの少ない商品から始めて

精神的に投資に対する免疫力を付けていきましょう。

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

投資リスクの許容度を考えて、自分に合った投資を

目安時間:約 3分


 
 

投資は、ハイリターン(多くの儲け)であれば、ハイリスクが原則です。
 

高いリターンを狙うには、ハイリスクの商品を買う事になります。
 

値上がりしそうな株式に、すべてのお金を投資すれば、
 

高いリターンが得られるかもしれませんが、
 

予想に反して、値上がりしなかった場合の損失も大きいです。
 

一つに集中投資は、
 

損失が多きすぎ、資産運用をこれ以上続けられなくなってしまいます。
 

このような『ゲームオーバーリスク」に陥らないように、
 

投資を分散させる必要があります。
 

投資をする時、
 

『資産がどのくらいマイナスになっても運用を続けられるか』
(これを『リスク許容度』といいます)
 

この『リスク許容度』を常に考えましょう。
 

このリスク許容度を何%以内に設定するかは、
 

資産総額・仕事・個人の性格・家族の状態によって、各人それぞれです。
 

リスク許容度を20%程度と考えた場合
 

10万円の資産が、8万円に下がっても回復出来るであろうと考えると言う事です。
 

もし、20%のリスク許容度で、資産配分を考えるとするなら、
 

日本株式に30%
外国株式に20%
日本債権に10%
外国債権に20%
その他流動性預金に20%
 

の割合で、資金を分けて投資をするといいでしょう。
 

もし、もっとリスク許容度を低くしたいと考えるなら
 

外貨と株式の配分を減らします。
 

そして、日本債権や流動性預金の配分を大きくします。
 

もっと、リスク許容度を上げたいなら、
 

株式と外国商品の配分を上げます。
 

自分の環境に合わせて、納得出来る範囲で、リスク許容度を決めましょう。
 

やはり、投資で大事な事は、『徹底した分散投資』です。
 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ 

外貨預金は、手数料が高いので、外貨MMFで投資を

目安時間:約 2分


金融・投資(全般) ブログランキングへ
外貨資産を持つのは、

為替相場の変動による利益を得るためだけでは無く、

円だけの資産では、円高やインフレの対策のためでもあります。

投資額の20%くらいは、外貨資産を保有する事が、

リスク対策という意味で重要です。

 

外貨資産と言うと、だいたいの人は『外貨預金』を

連想すると思いますが、

外貨MMFや外国投資信託、FXも外貨資産に含まれます。

外貨預金の中には、高い金利を売り物にしたものもあり、

すぐに飛び付きたくなるかもしれませんが、

このようなキャンペーンには、簡単に飛び付いたらダメです。

高い金利は、最初の1~2ヵ月だったり、

税引き前の利益だったりします。

外貨預金は、手数料が高いので、

必ず確認しましょう。

外貨預金は、買い付けの時、為替手数料が取られ、

売却の時にも、為替手数料が取られるのがほとんどです。

外貨預金よりも、

外貨MMF(外国債権のひとつ)に投資する方がおすすめです。

外貨MMFは、手数料が、外貨預金の半分以下です。

 

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

アセットアロケーション(資産配分)が、資産運用では最も重要

目安時間:約 3分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

一つの銘柄に資金を集中させると

その銘柄が上がれば、非常に大きなリターンが入りますが、

もし、その銘柄が、下落した時には、ハイリスクです。

ですから、

資産を分散して投資することが重要なのです。

さまざまな商品に資産を配分して投資することを『アセットアロケーション』と言います。

投資の成果のほとんどが、このアセットアロケーションで決まると言われています。

長期投資の時は、

どの銘柄を買うかよりも

どのように配分するかが重要です。

アセットアロケーションは、

日本債権・外国債権・日本株式・外国株式・流動資産・その他

の資産に配分して投資する事をいいます。

6万から投資を始めるなら、それぞれ1万づつ購入するとか、

20万から投資を始めるのであれば、各商品を3万~4万購入すればいいです。

どれを少し多くするかは、リスクを考えながら、調整して下さい。

リスクをあまり取りたくないなら、日本債権や流動資産の方を少し多めに

少しリスクを上げて利益を上げたいなら、日本株式や外国株式の方を多めにすればいいです。

くれぐれも、全資産を日本株式だけとか外国株式だけとかの1種類に投資するのは、やめましょう。

個別の銘柄の将来予測は、プロでも難しいです。

ですから、

銘柄をどれにするか考えるよりも、

アセットアロケーション(資産配分)をどうするか考える方が、

リスクを減らす確実な方法です。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

金融商品のリスクには、取っていけないものと、効率的に取って、リターンを狙えるものがある。

目安時間:約 3分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

金融商品には、主に次の5つのリスクがあります。

リスクを正しく理解して、投資を始める事が重要です。

 

金融商品のリスクは

①価格リスク・・・金融商品は価格が上下します。この価格リスクはあらゆる金融商品に存在しますが、株式が価格リスクは大きいです。

②金利リスク・・・金利上昇によって、債権の市場価格が下落するリスクです。債権の利率が、5%なのに市場の金利が7%に上がったりすると、債権の価格は下がります。

③為替リスク・・・外国の資産に投資している場合、円から外国のお金たとえば、ドルとかに換えて投資をしている事になる。それを売ってお金に換える場合、ドルから円に換えて手許に入ってくる。外国の資産に投資した時点の円相場と売却して円に換える時の相場が上がっているか、下がっているかによって、手取りの額に大きな影響を及ぼす事になる。

④信用リスク・・・株式や債券は、その発行先の企業等が、倒産したり、破綻したりしたら、元本が戻ってきません。

⑤流動性リスク・・・売りたい時に売れないリスクです。たとえば、不動産は売りたい時に買い手がいなければ売れません。外貨資産は24時間取引が出来、流動性リスクは、低いです。株式取引は通常いつでも出来あすが、ストップ安になると売却出来なくなります。

 

5つのリスクの説明をしましたが、投資にはリスクがつきものです。

投資のリスクは、個々の商品で見るのではなく、資産全体で見て管理していけば、軽減出来ます。

リスクをトータルで管理する事は、重要なことなので、常に念頭に置いてください。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

金融資産を6つに分類して、組み合わせる。

目安時間:約 2分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

金融資産を分類して、カテゴリー別に分けたものを『アセットクラス』といいます。

次の6つに分類して、投資を考えよう。

①流動性資産(普通預金・郵便貯金・MRF)

②日本株式(国内株式・国内株式に投資する投資信託・ETF・ミニ株等)

③日本債権(日本の国債・日本企業の社債・MMF・国内債権型の投資信託・円の定期預金)

④外国株式(外国株式・外国株式に投資する投資信託等)

⑤外国債券(外国国債・外国企業の社債・外貨MMF・外国為替保証金取引等)

⑥その他の資産(金・不動産・不動産投資商品(REIT)・オルタナティブ投資商品等)

株式型は、高いリターン(利益)が、期待出来ますが、下落のリスクがあります。

債権型は、元本の安全性は高いですが、株式のようなリターン(利益)は望めません。

海外に投資するものは、為替リスク(円と外貨のレート差額が生じる)

それぞれ、メリットとデメリットがありますので、

うまくバランスを取って投資しましょう。

一つの種類に偏った投資は、リスクが大きかったりしますので、

分散投資を絶対に忘れないで下さい。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

 

日本国内で、円の資産だけを持つリスク

目安時間:約 2分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

 

日本は、輸入に頼っている国です。
 

原油・小麦粉・乳製品・・・・・
 

これだけ、輸入に頼っているので、

 
円安になれば物価が上がります。
 

海外に行かなくても、日本での円資産も、
 

円安によって価値が下がり、購買力が落ちます。
 

そうなると、外貨投資をしないリスクもあるのです。
 

円高になれば、外貨資産の価値は落ち
 

円安になれば、円資産の価値が落ちる
 

この事を考えて、
 

円の資産と外貨の資産の両方を持ちましょう。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

リスクのある投資より、銀行預金は、元本が保証されているから安全と思っていませんか?

目安時間:約 2分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

投資には、リスクを伴います。
 

銀行に預金していた方が安全と考える人も多いです。
 

しかし、インフレで物価が上がれば、その預金の価値は下がります。
 

今、5千万の家を買おうと思います。5千万の預金があったとすれば、すぐに買えます。
 

しかし、それを2年後、3年後に買おうとしたら、5千万で買えるでしょうか?
 

建築資材も値上がりますので、きっと買えないでしょう。
 

たとえ、建築資材の値上がりが無かったと考えても、
 

来年は、消費税率が上がります。だから、同じものは5千万では買えません。
 

銀行預金の利息は、物価の上昇率に全然追い付きません。
 

だから、投資をする事を勧めるのです。
 

そもそも、リスクの無いお金の殖やし方は、ありません。
 

しかし、リスクを上手く分散すれば、
 

トータルで、利益を出す事は可能です。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

証券口座は、一般口座と特定口座どっちがいいのか?

目安時間:約 4分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

 

証券会社に口座を開設するとき、
 

一般口座か特定口座か選択する必要がある。
 

特定口座はさらに、
 

『源泉徴収あり』か、『源泉徴収無し』の選択の必要がある。
 

特定口座とは、
 

個人投資家に代わって証券会社が1年間の損益計算をしてくれる制度です。
 

さらに、『源泉徴収あり』を選べば、証券会社が取引ごとに税金を清算してくれる。
 

それで、確定申告は不要となっている。
 

しかし、損失が出た場合、次年度に損失を繰越したい場合は、
 

必ず確定申告をしないと、損失の繰越しが出来ない。
 

細かい計算が苦手な人や、忙しい人は、特定口座の源泉徴収ありが便利です。
 

私は、所得税法の知識があるので、自分で計算・確定申告は出来ますが、
 

手間がかかるので、特定口座の源泉徴収ありにしています。
 

そして、確定申告が必要な優遇措置を受ける時は、
 

特定口座で源泉徴収された後の資料を、証券会社に出してもらって、
 

確定申告をしています。
 

『特定口座の源泉徴収なし』は、
 

証券会社が損益の計算まではしてくれますが、
 

税金の清算はしてくれないため、
 

確定申告は必要です。
 

確定申告は自分でしなければいけませんが、
 

損益の計算がされた資料を証券会社が出してくれるので、
 

申告の負担は軽くなります。
 

一般口座は、
 

損益の計算も確定申告も全て自分でやらないといけませんから、手間がかかります。
 

しかし、証券税制の特例では一般口座しか使えないものもあります。
 

(これは、平成13年9月30日以前に買った株式が有る場合に取得費の特例なので、関係無い人が多いと思う。)
 

また、自分で確定申告をする場合、

配偶者控除や国民健康保険税の計算にも影響してくる。
 

以上の事を検討すると、
 

『特定口座源泉徴収あり』の方が無難だと思います。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

ブログランキング


応援クリック頂けたら、
感謝感激です。m(__)m
当サイト一押し教材

ページの先頭へ