ゆうちょ銀行の利便性が無くなった

目安時間:約 7分

 

 

ゆうちょ銀行の手数料改定により

ゆうちょ銀行を使うメリットが無くなりましたね

 

時間外手数料が、無料なのと、硬貨の出し入れが出来る

のが、すごくありがたかったです。

それが無くなれば、他の地銀と何ら変わりません

 

硬貨入金は、改定後も、窓口であれば

50枚までの硬貨は、手数料がかかりません

ATMだと、1枚でも手数料がかかります

 

この間、500円貯金箱を開けて、

を普通預金口座へ、入金しようと、

手数料無料の範囲50枚を持って、ゆうちょ銀行へ行きました

 

窓口へ行くと、

銀行員さんが、『枚数数えましたか?』と聞いてきた

私:『はい、数えたと言うか、1枚7gなのでグラムで

グラムで計算して、50枚分350gです。』

と答えると

 

銀行員さん:『ここで、今、数えますか?』

 

銀行員さん:『このまま受け付けて、機械に通したら、

一枚でもオーバーしてたら、550円手数料出ますよ』

 

そう言われたら、不安になってくる

一枚多いから、その一枚を返して

50枚を入金処理してなんて事は、出来ないとの事

 

間違いなく50枚だと思いつつも

もしもに備えて、数えることになった

窓口カウンター硬貨を広げて

こんな光景見た事ないよね

お客さんは、他に居なかったので、

迷惑にならなくって良かった

 

無事50枚確認出来て、入金して帰って来た

 

そんな事があって、硬貨を貯金箱で貯めるのは、

止めた方がいいと思いました

キャッシュレス化に伴い、現金を使う事が

あまり無くなっていますし、時代の流れですね

 

最近、ゆうちょ銀行から『個人情報提供依頼』の案内が送られて来て

なんでも、マネーロンダリング、テロ対策の為だとの事

 

個人の勤務先や年収、預金口座の利用目的等の

細かい情報提供を要求している

 

これは、詐欺なのか?と思ったが

本当に、ゆうちょ銀行から送られている本物だった

 

お財布代わりに使っている口座で、

大きな金額を動かしている訳でも無いのに

何故、そこまでの個人情報を渡さないといけないのか?

疑問に思います

 

マネーロンダリングとかテロとか

口座の入出金のの内容を見れば分かるはず

なのに、そこまでの細かい個人情報を要求するのは

理解出来ない

 

疑義のある口座のみ対象にして、

個人情報の提供をしてもらえばいいのでは?

口座保有者全員にするのは、

銀行の事務処理も大変だと思います

 

細かい個人情報を提供して、

そこから、個人情報漏洩する事の方が怖いと思います

なので、情報提供書類は、提出しない事にしました

 

その後、ゆうちょ銀行のATMへ行った時の話です

 

通帳を記帳すると、通帳を入れているのに

何故か、取引明細書の紙が同時に出て来た

不思議に思って見ると

 

備考欄に、個人情報を提供をするように記載されている

なんか、不快だなと思いました

 

残高確認後、

再度通帳を入れて、出金をすると

また、取引明細書が一緒に出てくる

同じく、備考欄に、個人情報を提供するように記載されている

 

しつこいなぁ・・・・

 

これじゃあ、ATMに行くたび、この紙が出てくるんだね

ゆうちょ銀行に行くのが、嫌になって来た

 

ゆうちょ銀行は、

証券会社への送金や、引き出し先の口座としても使っています

今後、別の銀行へ変更して、極力、

ゆうちょATMへは、行かないで済むようにしたいと思い始めています。

 

細かい個人情報の提供が、金融庁からの要請だとすると

他の銀行も、提出依頼をしてくるでしょう

その提出が、義務化される時が来るかもしれない

 

そうなると、細かい個人情報を、あっちこっちに提出するのは、

避けたいので、

取引銀行を最低限に絞って、整理、解約して行こうと思います

 

考えてみると、私は、ネット銀行を

楽天銀行

PayPay銀行

住信SBIネット銀行

持っています

 

楽天銀行は、出金時に手数料が掛かるので、

今は使っていないままです

 

PayPayは、月1回のみ、入出金手数料が無料で、

その後は、3万以上の入出金でないと、手数料がかかります

 

住信SBIネット銀行は、

一定回数出金手数料無料

一定回数送金手数料無料(どこの銀行へ振込でも)

SBIネット銀行と三井住友銀行への振込は、回数無制限で手数料無料

住信SBIネット銀行は、今一番使い勝手がいいです

 

証券会社への送金や、出金は、

ゆうちょ銀行から、住信SBIネット銀行へ

変更して行こうと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ