FX 失敗トレード改善の秘訣。無料メルマガ配信中 ⤴

当サイトFX教材ランキング

 

マーフィーのFX投資術

マーフィーのFX投資術

スーパーボリンジャーとスパンモデルを使ったシンプルな手法

スキャルピング・デイトレ・スイングトレードどれでも使える手法、全通貨対応

PLATINUM TURBO FX 2

ロジックを完全公開しているシグナルツール

シグナルツールに従って、トレードしながら学べる

恋スキャFX ビクトリーDX完全版

すき間時間にぱぱっと稼ぐ

裁量型のスキャルピング手法

 

 

投資用語 ストップ安、ストップ高とは?

目安時間:約 2分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

 

証券取引所では、市場の混乱を防ぐため
 

1日の価格変動の幅を一定の範囲に制限しています。
 

ネット証券の場合
 
『買い』や『売り』を入れる時に、
 

価格が、『○○ 円~ ○○円』と表示されているので、すぐに分かります。
 

その範囲でしか注文を入れる事が出来ません。
 

株価500円~1000円未満なら、±100円
 

株価1000円~1500円未満なら、±200円の範囲となります。
 
ストップ安やストップ高になると、
 

その株券の取引は、一時中断されます。
 

これは、株価の急速な変動によって投資家に、
 

不測の損害を与える事を防止するためです。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

金融商品のリスクには、取っていけないものと、効率的に取って、リターンを狙えるものがある。

目安時間:約 3分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

金融商品には、主に次の5つのリスクがあります。

リスクを正しく理解して、投資を始める事が重要です。

 

金融商品のリスクは

①価格リスク・・・金融商品は価格が上下します。この価格リスクはあらゆる金融商品に存在しますが、株式が価格リスクは大きいです。

②金利リスク・・・金利上昇によって、債権の市場価格が下落するリスクです。債権の利率が、5%なのに市場の金利が7%に上がったりすると、債権の価格は下がります。

③為替リスク・・・外国の資産に投資している場合、円から外国のお金たとえば、ドルとかに換えて投資をしている事になる。それを売ってお金に換える場合、ドルから円に換えて手許に入ってくる。外国の資産に投資した時点の円相場と売却して円に換える時の相場が上がっているか、下がっているかによって、手取りの額に大きな影響を及ぼす事になる。

④信用リスク・・・株式や債券は、その発行先の企業等が、倒産したり、破綻したりしたら、元本が戻ってきません。

⑤流動性リスク・・・売りたい時に売れないリスクです。たとえば、不動産は売りたい時に買い手がいなければ売れません。外貨資産は24時間取引が出来、流動性リスクは、低いです。株式取引は通常いつでも出来あすが、ストップ安になると売却出来なくなります。

 

5つのリスクの説明をしましたが、投資にはリスクがつきものです。

投資のリスクは、個々の商品で見るのではなく、資産全体で見て管理していけば、軽減出来ます。

リスクをトータルで管理する事は、重要なことなので、常に念頭に置いてください。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

金融資産を6つに分類して、組み合わせる。

目安時間:約 2分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

金融資産を分類して、カテゴリー別に分けたものを『アセットクラス』といいます。

次の6つに分類して、投資を考えよう。

①流動性資産(普通預金・郵便貯金・MRF)

②日本株式(国内株式・国内株式に投資する投資信託・ETF・ミニ株等)

③日本債権(日本の国債・日本企業の社債・MMF・国内債権型の投資信託・円の定期預金)

④外国株式(外国株式・外国株式に投資する投資信託等)

⑤外国債券(外国国債・外国企業の社債・外貨MMF・外国為替保証金取引等)

⑥その他の資産(金・不動産・不動産投資商品(REIT)・オルタナティブ投資商品等)

株式型は、高いリターン(利益)が、期待出来ますが、下落のリスクがあります。

債権型は、元本の安全性は高いですが、株式のようなリターン(利益)は望めません。

海外に投資するものは、為替リスク(円と外貨のレート差額が生じる)

それぞれ、メリットとデメリットがありますので、

うまくバランスを取って投資しましょう。

一つの種類に偏った投資は、リスクが大きかったりしますので、

分散投資を絶対に忘れないで下さい。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

 

日本国内で、円の資産だけを持つリスク

目安時間:約 2分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

 

日本は、輸入に頼っている国です。
 

原油・小麦粉・乳製品・・・・・
 

これだけ、輸入に頼っているので、

 
円安になれば物価が上がります。
 

海外に行かなくても、日本での円資産も、
 

円安によって価値が下がり、購買力が落ちます。
 

そうなると、外貨投資をしないリスクもあるのです。
 

円高になれば、外貨資産の価値は落ち
 

円安になれば、円資産の価値が落ちる
 

この事を考えて、
 

円の資産と外貨の資産の両方を持ちましょう。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

リスクのある投資より、銀行預金は、元本が保証されているから安全と思っていませんか?

目安時間:約 2分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

投資には、リスクを伴います。
 

銀行に預金していた方が安全と考える人も多いです。
 

しかし、インフレで物価が上がれば、その預金の価値は下がります。
 

今、5千万の家を買おうと思います。5千万の預金があったとすれば、すぐに買えます。
 

しかし、それを2年後、3年後に買おうとしたら、5千万で買えるでしょうか?
 

建築資材も値上がりますので、きっと買えないでしょう。
 

たとえ、建築資材の値上がりが無かったと考えても、
 

来年は、消費税率が上がります。だから、同じものは5千万では買えません。
 

銀行預金の利息は、物価の上昇率に全然追い付きません。
 

だから、投資をする事を勧めるのです。
 

そもそも、リスクの無いお金の殖やし方は、ありません。
 

しかし、リスクを上手く分散すれば、
 

トータルで、利益を出す事は可能です。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

ページの先頭へ