当サイトFX教材ランキング

 

マーフィーのFX投資術

マーフィーのFX投資術

スーパーボリンジャーとスパンモデルを使ったシンプルな手法

スキャルピング・デイトレ・スイングトレードどれでも使える手法、全通貨対応

PLATINUM TURBO FX 2

ロジックを完全公開しているシグナルツール

シグナルツールに従って、トレードしながら学べる

恋スキャFX ビクトリーDX完全版

すき間時間にぱぱっと稼ぐ

裁量型のスキャルピング手法

 

 

FX通貨ペアの特徴

目安時間:約 3分


↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです

FXでトレードする通貨ペアは、沢山ありますが、
特徴を知ってトレードする事は、とても重要なので、
主な通貨ペアの特徴を説明します。

 

USD/JPY(米ドル/円)

ほとんどのFX会社で、スプレッドが最も狭い設定をしていて、

取引量も多く、初心者が取引し易い通貨ペアです。

スプレッドが狭い通貨ペアは、利益が出しやすいメリットがあります

通常は、値動きが穏やかですが、世界経済に影響を及ぼす事象が起きると

値動きは、激しくなります。

 

 

EUR/USD(ユーロ/米ドル)

世界で最も取引されている通貨ペアです。

取引量が多いので、安定した動きで、初心者にもお勧めです。

 

EUR/JPY(ユーロ/円)

こちらも、取引量は多い通貨ペアです。

トレンドが出やすい傾向にあり、変則的な動きが、

それほど多くないというのも特徴です。

スプレッドも狭い傾向にあります。

しかし、ボラリティリティが、高い場合もあるので、

取引には、注意が必要です。

 

GBP/USD・GBP/JPY(ポンド/米ドル・ポンド/円)

ボンド系の通貨は、ボラリティリティが、高いく、

値動きが激しく動きます。

初心者には、難しい通貨です。

値動きが激しいとすぐに利益を出しやすいですが、

損した時のダメージも多きいです。

ポンドで、大損をした人の話は、よく耳にします。

ポンドは、FX業界では、『殺人通貨』と呼ばれています。

 

AUD/USD・AUD/JPY(豪ドル/米ドル・豪ドル/円)

豪ドル系(オーストラリア)の通貨は、

オーストラリアが資源国のため、資源国通貨とも言われています。

この通貨ペアは、商品先物等の値動きに影響を受けやすいです。

また、アメリカ・日本・中国の経済状況に影響されやすく、

各国の経済指標に注意して取引する必要があります。

日本との金利差が大きく、スワップポイントが高い事から、

金利狙いで、AUD/JPYの通貨ペアは人気があります。

 

それから、どの通貨にも言える事ですが、

重要な経済指標発表や、要人発言、選挙等には、

値動きが激しくなるので、注意が必要です。


↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです

カテゴリ:FX  [コメント:0]

FX 通貨ペアの選び方

目安時間:約 4分


↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです
 
 

FXでは、沢山の通貨ペアが有ります。

その、通貨ペアの選び方を理解し、

自分に合った通貨ペアで、トレードする事が大切です。

 

そもそも通貨ペアって何?

FX取引を行う場合、まずどの通貨ペアで取引するか決めてから、

さまざまな手法で取引していきます。
 
実際売買する2つの国の通貨の事を、通貨ペアといいます。
 
米ドルと日本円の組み合わせは、『USD/JPY』

ユーロと米ドルの組み合わせは、『EUR/USD』と表記されます。
 
『/』で、2つの通貨が区切られていますが、

左側は『基軸通貨』で購入する通貨の事を指し、

右側は『決済通貨』で売買する通貨を指します。
 
つまり、『USD/JPY』を買うと言うことは、

日本円を売って、米ドルを購入するという事です。

 

 

メジャー通貨とマイナー通貨

FXで取引される通貨は、メジャー通貨とマイナー通貨に分類されます。

メジャー通貨は、取引流通量の多い先進国の通貨の事です。
 
米ドル・ユーロ・日本円・英ポンド等が、メジャー通貨です。

これに対し、新興国の通貨がマイナー通貨です。
 
先進国は、新興国に比べて情報が入手しやすく、

相場分析もしやすいので、メジャー通貨を含む通貨ペアは、

相場が安定していると言うメリットがあります。

リスクを抑えた取引が出来るので、

初心者は、メジャー通貨のペアから取引をするといいです。
 
マイナー通貨の多くは、高い金利(スワップ)が設定されていて、

メジャー通貨は、金利が低く設定されてため、

高スワップを狙った取引をする場合は、

マイナー通貨と組み合わせるといいです。

毎日、スワップポイントが少しずつたまっていくので、

長期保有に向いてます。
 
しかし、マイナー通貨は、相場変動が激しく、

ロスカットのリスクが大きいので、

初心者には、向きません。

 
 
通貨ペアの選び方
 
①取引量の多い通貨を選びましょう
 
取引量が多いと言う事は、世界中のトレーダーがその通貨に、

注目していることを意味します。
 
より多くのトレーダーが注目していると言う事は、

それだけ高い精度の分析が可能となります。

情報量が少ないと、突発的な要因で、突然価格が大きく動き、

リスクの高い取引となってしまいます。
 
②ドルストレートを選びましょう

ドルストレートとは、米ドルと別の通貨の組み合わせた取引を意味します。

ドルストレートは、取引量が多く、相場が安定しています。

急激な相場変動が起こりにくく、比較的低リスクの取引が可能です。
 
③トレードスタイルで、通貨ペアを選ぶ

デイトレを行う場合は、トレンドが出ている通貨ペアを選ぶと、

多くの利益が狙えます。

金利目的の場合は、通貨の金利差の大きい通貨ペアを選びます。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:FX  [コメント:0]

FX初めての通貨ペアは、何がいい?

目安時間:約 2分


↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです
 
 
FXを初めて取引するとき、

どの通貨ペアを売買したらいいか?迷うなら、

まずは、USD/JPY(米ドル・円)を選ぶといいでしょう。

 

USD/JPYは、取引量も多いし、

自国(日本)の通貨でもあるので馴染みやすいと思います。

 
また、FXを運営している証券会社は、

ほとんど他の通貨ペアに比べて、

USD/JPYのスプレッドを低く設定しています。

 

スプレッドとは、証券会社の儲け(手数料のようなもの)
 

通貨を売買するとき、

今、売る価格と、今、買う価格は同じでは有りません。

その売値と買値の差額が、証券会社の儲けです。

 
よく、証券会社の広告で、FX手数料『無料』とありますが、

じゃあ、『証券会社は何でもうけてるのさ?』と思った事ありませんか?

そのスプレッドが、儲けです。

 
だから、FXは、注文入れてポジションを持った直後、

損益が、マイナス表示からのスタートです。

それが、スプレッド分です。
 
そのマイナス分を埋た後、

思った方向に伸びていってはじめて利益になるのです。

 
 

↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです

カテゴリ:FX  [コメント:0]

ドラマMIU404で、星野源さん演じる志摩が・・・・・

目安時間:約 3分


↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです
 
 

金曜ドラマ、MIU404を見ている時

たしか、第二話目だったと思う、
 
殺人容疑者の人質になった夫婦が、
容疑者と会話し、人柄を信じるようになって、
この人は、『人殺しでは無い』と、
捕まりそうな容疑者が、
逃げるのを手伝います。
 
その時、
 
星野源さん演じる志摩さんが、
『人は、信じたいと思うものを信じるものなんだよ!』

と叫ぶシーンがありました。
 
それって、実は、相場の世界でも同じ事、
 
上がると思うから買う、
でも、予想に反して、相場が下がっていく、
そこで『また、戻ってきて上がる』と勝手に思い込む。
 
相場は、下がり続け、下降トレンドとなっても、
戻って来ると思うから、
決済出来ず。
 
損失を膨らませ、戻って来るのを待ち続ける。
そう、それが人間、
 
それが人間の本能なのです。
人の心は、そういうものである事を、まず、理解して下さい。

 
そして、
 
その本能に逆らった行動をとらなければ、いけないのが、相場の世界。
 
それが出来なければ、相場の世界で生きて行けません。
 
自分のトレードルールに従い、
インジゲーターやチャートで、上がると判断して買ったはずです。
でも、上昇トレンドが、崩れたと判断される状況に変わったら、

思い切り、損切をしなければいけないのです。
 
それを身に付けるには、訓練しかありません。
 
 


↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです

FXで稼げるようになるまでに、どれぐらいの期間かかるのか?

目安時間:約 5分


↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです
 
 

FXで稼げるようになるまでに、
いったいどれだけの期間が掛かるのか?
 
相場の状況によっては、『すぐに大儲け』と言う事もあります。
例えば、アベノミックスが始まった頃の相場であれば、
誰でも、ただ買えば上がると言う時代でした。
 
でも、それは、『ビギナーズラック』でしか有りません。
いつか、大きな損失をくらい、相場から撤退させられる事になるでしょう。
 
トレード技術を身に付け、
利益と損失を繰り返し、
『リーマンショック』や『チャイナショック」のような荒れ相場を経験し、
メンタルコントロールが出来るようになり、
安定的に稼げるようになるまでは、
 
おそらく、
 
私の経験からすると、3年~5年は掛かると思います。
 
よく、情報商材や、FX塾などで、3ヶ月とか短期で直ぐに稼げると、
広告を出して募集していたりしますが、
販売のための嘘だと思った方がいいでしょう。
 
私の場合、一度市販の本を読んで、
直ぐにデモトレードをしました。
 
半裁量型のソフトを使っていたので、
基本的には、ルールに従って、売買するだけです。
直ぐに勝てたので、
『FXって簡単じゃん!』と
 
1週間ほどで、デモトレードから、
本番トレードへ移行しました。
 
ところが、
実口座で、トレードを始めて、1ヶ月ほど経った頃、
 
連敗を繰り返し、ひたすら損切の嵐、
 
チャートを見ていると、
損切をした後、しばらくすると元の方向に戻って来る。
 
それを見た私は、『どうせ戻って来るから』
損切をしたくないと、ストップロスを外すと言う、暴挙に出た。
 
ところが、価格は戻って来なかった。
ひたすら、逆方向に動き続け、どんどん含み損を膨らませていく。
 
スキャルピングなのに、10時間経っても、手じまい出来ない。
寝る時間になっても、価格は、戻って来ず。
 
ルール通りなら、1,000円のロスカットで、終わっていたはずなのに、
10,000円(0.1ロット)くらいの含み損、
 
こんな大きな損失はイヤだと、決済出来ず。
そのまま、寝る事に、
 
翌朝、見ると、さらに含み損が広がり、
30,000円台になっている。
 
神様・・・価格が戻って来ますようにと、心で祈り続け、
きっと、運が助けてくれると思い込み、待ち続け
 
結局、最後は、
『自分が悪い、自分が悪い』と、
何度も自分で、自分に言い聞かせ、
50,000円台くらいで、損切をしました。
 
今思えば、何度も連敗をし、損切を繰り返していたのは、
入っていけない相場で、トレードをしていたのが原因。
 
無理な相場環境で、トレードをやみくもに行っていた。
 
相場には、トレードに不向きな、勝ちにくい相場があります。
そういゆう時は、トレードは、休むべきです。
 
相場環境を見極め、自分が決めたトレードルールに従って、
売買出来るように、訓練が必要です。
 
それを、数ヶ月とか、短期間で身に付けるのは、無理な話しです。
 
貴方が、もしFXを始めようと考えているのなら、
習得には、年数が掛かる事を覚悟し、
あれこれと色んな教材に手を出さず。
これと思った教材1つを、ひたすら訓練し、
トレード技術が、身につくまで、あきらめず頑張って欲しいと思います。
 
今、トレーダーとして名の知れている人達は皆、
大きな損失を経験し、長い年月をかけて、一人前になっているのです。

 

 


↑ランキング挑戦中、ぽちっと応援してくれたら有り難いです
 
 

カテゴリ:FX  [コメント:0]

ページの先頭へ