ドルコスト平均法で、投資の為替リスク分散を

目安時間:約 3分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

こんにちは、福りんです。
本日は、ドルコスト平均法のお話しです。
ドルコスト平均法とは、
決まった金額を定期的に積み立てていく方法です。

購入する商品に合わせて金額を支払うのではなく、

支払う金額に合わせて購入する方法です。

外国株式を毎月100株買うというやり方だと、

為替レートが100円の月だと10,000円の支払い

為替レートが90円の月だと9,000円の支払い

というふうに、各月支払い金額が変わります。

ドルコスト平均法で買うと言うのは、

毎月10,000円支払って、買えるだけ買うと言うやり方です。

為替レートが、100円の月だと、100株買えます。

為替レートが90円の月だと約111株買えます、

ドルコスト平均法のメリットは、

不利な状況の時は、購入商品の単位が下がることです。

『いつ、買うか』と投資のタイミングを考えなくても、

自動的に

円高の時は、多く購入し、

円安の時は、少なく購入する仕組みになっています。

株式で説明しましたが、投資信託でも同じです。

ドルコスト平均法は、

価格変動リスクを減らすために有効です。

投資は、もちろん安い時に買って、高くなったら売れば利益です。

しかし、

100%確実な予想は誰にも不可能です。

だから、いつ買うか悩んでいるよりも、

ドルコスト平均法で、継続して買う方が

リスク分散されて、

資産が増えていく可能性も高くなると思います。

ただし、長期的に見て値上がりするものに対して有効ですが、

長期的な値下がりしていくものにいては、効果がありません。

 

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング


応援クリック頂けたら、
感謝感激です。m(__)m
当サイト一押し教材
ブログ管理人


” FP:福りんりん ”
会計事務所を介護離職し、投資の勉強を始め現在に至る。⇒
詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー
最近の投稿
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近のコメント
    アーカイブ

    ページの先頭へ