副収入20万以下は確定申告不要?20万以下でも確定申告が必要な場合もある

目安時間 3分

 

副収入があっても、20万以下であれば

確定申告しなくてもいいと言う話を聞いた事があると思います。

 

でも、20万以下でも確定申告が必要な事もありますので、

本日は、その話をします。

 

この20万以下と言うのは、

副収入から経費を引いた利益(税法では所得という)の事です。

 

この20万以下申告不要は、

年末調整をする事で、所得税の処理が完結する会社員が該当します。

 

つまり、もともと確定申告していない人の事で、

『20万以下であれば、その為にわざわざ確定申告をしなくてもいいですよ』って事です。

 

そもそも、確定申告をするのであれば、

少ない金額でも全部入れて、申告してねって事です。

 

たとえば、

会社員であっても、給与の他に不動産を持っていて確定申告をしていた人。

 

会社員で給与以外に株式の売買をしていて、自分で申告を選択した人。

 

株の損失を繰り越して、次年度以降の利益と相殺したい為に確定申告をする人。

 

給与の収入が2,000万円を超える人は、

所得税法の規定により必ず確定申告をしなければいけないので、その人。

 

その確定申告時に副収入の利益がほんの少しでも、たとえば5万とかでも、

確定申告に含めて申告をする事になります。

 

会社員で無い自営業の人で、確定申告をする必要のある人も、

副収入の利益が少しでも、確定申告する必要があります。

 

 

所得税法って細かいですね。

こんな説明で、解って頂けましたでしょうか?

何か不明な点がありましたら、メッセージ下さいね。

 

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング


応援クリック頂けたら、
感謝感激です。m(__)m
当サイト一押し教材

マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム
ブログ管理人


” FP:ふくりん “
詳しいプロフィールはこちら
SNS

気軽に友達になって頂けたら嬉しいです。

twitter ⇒https://twitter.com/fukurin007

カテゴリー
最近の投稿
お問い合わせ
最近のコメント