■投資 お金を増やす

■自己紹介


FPアドバイザー:happy ハリー


 

お金や投資につて、分かり易く、情報を提供します。


詳しいプロフィール  

★PR

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

■PR

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

PR


外貨預金は、手数料が高いので、外貨MMFで投資を

2013年10月10日


金融・投資(全般) ブログランキングへ
 

外貨資産を持つのは、

為替相場の変動による利益を得るためだけでは無く、

円だけの資産では、円高やインフレの対策のためでもあります。

投資額の20%くらいは、外貨資産を保有する事が、

リスク対策という意味で重要です。

 

外貨資産と言うと、だいたいの人は『外貨預金』を

連想すると思いますが、

外貨MMFや外国投資信託、FXも外貨資産に含まれます。

外貨預金の中には、高い金利を売り物にしたものもあり、

すぐに飛び付きたくなるかもしれませんが、

このようなキャンペーンには、簡単に飛び付いたらダメです。

高い金利は、最初の1~2ヵ月だったり、

税引き前の利益だったりします。

外貨預金は、手数料が高いので、

必ず確認しましょう。

外貨預金は、買い付けの時、為替手数料が取られ、

売却の時にも、為替手数料が取られるのがほとんどです。

外貨預金よりも、

外貨MMF(外国債権のひとつ)に投資する方がおすすめです。

外貨MMFは、手数料が、外貨預金の半分以下です。

 

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

金融資産を6つに分類して、組み合わせる。

2013年08月12日


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

金融資産を分類して、カテゴリー別に分けたものを『アセットクラス』といいます。

次の6つに分類して、投資を考えよう。

①流動性資産(普通預金・郵便貯金・MRF)

②日本株式(国内株式・国内株式に投資する投資信託・ETF・ミニ株等)

③日本債権(日本の国債・日本企業の社債・MMF・国内債権型の投資信託・円の定期預金)

④外国株式(外国株式・外国株式に投資する投資信託等)

⑤外国債券(外国国債・外国企業の社債・外貨MMF・外国為替保証金取引等)

⑥その他の資産(金・不動産・不動産投資商品(REIT)・オルタナティブ投資商品等)

株式型は、高いリターン(利益)が、期待出来ますが、下落のリスクがあります。

債権型は、元本の安全性は高いですが、株式のようなリターン(利益)は望めません。

海外に投資するものは、為替リスク(円と外貨のレート差額が生じる)

それぞれ、メリットとデメリットがありますので、

うまくバランスを取って投資しましょう。

一つの種類に偏った投資は、リスクが大きかったりしますので、

分散投資を絶対に忘れないで下さい。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

 

投資初心者がまず初めに買う商品は何がいいか?

2013年07月18日


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

投資というと、すぐに株式投資を連想すると思いますが、

株について、知識が無い方は、

初めのうちは株式には手を出さないようにしましょう。

しっかり勉強してから始めましょう。

それでは、何を買えばいいのか?

まず。投資信託やから始めるといいと思います。

株式投資は1社の株のみ100株とか購入し、上がるのを待って売りますが、

その会社に、何らかの問題が起こればすぐに、株価は下落するため、

大きな損失となるリスクが大きいです。

しかも、購入単位が大きいので、多くの資金が必要です。

投資信託というのは、簡単に言うと『共同購入』のようなものです。

投資運用会社が、投資家からの資金をまとめて、小口では投資できない商品に投資します。

いくつもの会社の株式や債権を組み合わせてプロが運用するので、

一つの会社の株を買うより、リスクが分散されます。

また、1万円くらいから買えますので、投資を始めやすいです。

投資信託には、何に投資するかによって、以下のように分類されます。

株式投資型(株式に投資する。)

債権投資型(国債や社債などの債権に投資する。)

バランス型(株式と債券を組み合わせて投資する。)

その他(株式や債券以外の不動産等に投資する。)

大きくこの4種類に分けますが、これらの対象が、

国内のものか、海外のものかによって、

株式投資型は、国内株式型と国際株式型に分かれ、

債権投資型は、国内債権型と国際債権型に分かれます。

海外の株式等であれば、

円と海外通貨のレートの差額の影響を受けます(為替リスク)

投資信託の種類を組み合わせて、毎月すこしづつでも買い増していきましょう。

まずは、

国内株式型・国際株式型・国内債権型・国際債権型の4種類を購入しましょう。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

 
一眼レフを極める