タワーマンション節税対策のための購入が否認された

目安時間:約 5分

 

 

 

前回、タワーマンションの価格が高騰している話をしました

 

相続の時は、財産の評価が

マンションの場合、評価額が時価の三割くらいになり

相続対策の為に購入する人もいると、

モーニングショーで話題になっていました。

 

ただ、その相続対策のための購入で、

極端なやり方をすると、脱税目的と判断され

相続税を追徴される事があります。

 

相続税を追徴された事例ですが

 

2009年

90代男性が、8億3700万と5億5千万の

計13億8千700万のマンションを10億の借入をして購入し

 

 

3年後の2012年に、その男性が亡くなり

相続税の申告をする事になりました。

 

相続人は5人で、

土地は、路線価評価をして、その人の相続税を計算する上での

総財産は3億3千万の評価となって

課税価格(非課財産と債務を引いた額)は、2826万円となり

基礎控除1億を引くとマイナスとなる

 

その結果

相続税は、0円となった。

 

 

その相続の申告に、税務署が疑義を持ち

2016年に、税務署調査となった

その亡くなった男性の財産は、

時価鑑定をすると、総財産は、12億7300万となり、

 

課税価格8億8874万

基礎控除1億

追徴課税3億3千万の支払いを命じられる事になってしまいました。

 

遺族側は、それを不服とし、裁判で争う事に

 

 

その裁判結果は?

 

最高裁判所は、遺族の申し立てを却下し、

税務署の意見が、正しいと判断され追徴税額を払う事になりました。

 

最高裁の判決理由は

1、近い将来の相続で、税負担を減らすものだと知っていた

2、看過しがたい不均衡を生じさせ税負担の公平に反する

と言う事でした。

 

これは、

最初の相続税の申告をした時の、相続税額0円の計算方法は、

間違っていた訳ではありません

相続税法の計算に従って、計算した結果0円になったので、

これが、本来の計算です

 

ただ、税法には、

『税金逃れの為に、意図的にやった行為は、認めない。』

と言う規定があります。

これは、相続税法に限らず、法人税も所得税等もすべての

税法に適用されます。

 

本来の相続税法の財産評価は、

実際の時価より軽減され低くなっています

 

しかし、この事例は、

あからさまに、税金逃れをした行為なので、

本来の相続税法の評価の仕方を認めず、

時価で評価され、税金を追徴されたと言う事なんですね。

 

税法には

『課税の公平』という目的があります

なので、不公平となるようなやり方は、認めないんです。

 

このような事があった事について

長嶋一茂さんが

『法律の解釈の違いとか、よくあると思うんですが、

これって、税理士さんは、

事前に税務署に「こうやってもいいですか?」と聞いて

確約をもらってから、申告するって出来ないんですか?』

というふうな事を話していました。

 

その長嶋一茂さんの意見についてですが、

 

税務署に相談に行って、答えをもらっても、

その答えた事について、

税務署は、一切の責任を持たない事になっています。

 

ですから、税務署に相談した後、その通りに申告しても、

その後の税務調査において、

否認され追徴税額を払う事になる可能性はあります。

 

『税務署の○○さんがこうしていいと言った』

と言うのは通用しないいんです。

 

税務署の相談に応じた担当者さんは、

責任を負う義務は、無いです。

 

最終的には、税務調査や裁判で決まります。

その事は、覚えておいてくださいね。

 

それでは、また。

 

 

 

漫画インベスターZ購入代金は、必要経費になるか?

目安時間:約 3分

 

 

漫画インベスターZを、読んだ事がありますか?
私は、3年ほど前のゴールデンウィークに、一気に読みました。
面白くって、ついつい読みふけっていました。

 

あの『ドラゴン桜』の作者、三田紀房さんの作品です。
まだ読んで無いなら、ぜひ読んで見て下さいね。

 

インベスターZは、題名からも解かるように、
インベスター→投資家と言う意味。
そう、投資に関する漫画です。

 

創立130年の歴史を持つ道塾学園。
全国屈指の学業成績を誇る私立の、中高一貫の男子校。

 

道塾学園に、トップの成績で合格した財前孝史。
各学年成績トップ、6人のみが参加する『投資部』に入る事に

 

投資部の使命は、3000億円を運用し、

8%以上の利回りを生み出す事

『投資部』のお陰で、

日本最高水準の教育設備を誇る道塾学園は、

学費が無料だった。

 

株式、ベンチャー企業への投資、
FX、不動産投資といったいろんな分野で、

勝負が繰り広げられる。

投資をやっている人には、面白いストーリーです。

 

で、その漫画『インベスターZ』を、

書店やアマゾンで購入した場合、購入代金は、
確定申告の必要経費になるのか?

と友達が聞いてきたので、ブログにも書く事にしました。

 

結論から言うと、
株取引の必要経費にはなりませんが、
雑所得のFX・先物等の必要経費にはなります

 

株取引の場合は、所得税法上、必要経費が、
証券会社の手数料と、
その株式を購入する為に借入れが有った場合の、

その利子のみと決まっています
なので、たとえ株取引のために支出したもので有っても、

必要経費となりません。
パソコン代、インターネット回線料等、

株取引の為でも、必要経費になりません。

 

でも、雑所得に分類される投資関係の必要経費の定義は、
『その収入を得る為に支出した金額』なので、
たとえ漫画でも、投資に勉強になった書籍の購入代金は、

必要経費になります。

 

株取引の必要経費のみ、2つに限定されているので、
不公平な感じがして、厳しいですね。

 

 

 

カテゴリ:確定申告  [コメント:0]

FX経費 PCの購入代金を経費に入れる時の注意

目安時間:約 3分

パソコンを、Fxトレードの為に購入した場合は、経費になります。

確定申告時、パソコンの購入代金を、

FXの経費にする時に2つ注意する事がありますので、

 

今日は、その話をしますね。
【1】購入金額により経費に入れる金額を分ける必要がある場合

【2】パソコンの利用状況により一部のみ経費になる場合

以上の二つの事について、説明しますね。

【1】購入金額により経費に入れる金額を分ける必要がある場合

(1)パソコンの購入代金、100,000円未満の場合
全額、購入した年度の経費になります

(2)100,000円以上200,000円未満の場合
全額、購入年度の経費に出来ません
次の2つの方法から選べます

⓵4年間で、分けて経費にする方法
(パソコンは、法律上4年(耐用年数)使えると考えて、決められています。)
購入した年は、月数按分します。

パソコン代金÷4年×月数/12ヶ月
※月数は、購入して使用した月から12月までの月数

⓶3年で均等に分ける方法
(一括償却資産といって、明細書を確定申告書に添付しないといけないです。)

パソコン代金÷3=その年の経費
※年の途中で購入使用しても、月割計算しないでいい

(3)200,000円以上の場合
上記(2)の⓵と同じ計算方法のみ、つまり4年(耐用年数)で分ける

パソコン代金÷4年×月数/12ヶ月
※月数は、購入して使用した月から12月までの月数

【2】パソコンの利用状況により一部のみ経費になる場合

購入したパソコンを、FXトレード以外の私的なものにも使う場合、
FXと無関係の動画を見たり、ネットショッピングをしたり等々
この場合、FXの為に使っている割合部分のみを経費に出来ます。

 

半々FXと私的なものに使っていると思うのであれば、
上記【1】で計算した金額の50%を経費にします。

 

一日の80%くらいをFXの為に、使っていると思うのであれば
上記【1】で計算した金額の、80%を経費にします。

会社に株やFXの投資をやっている事が、ばれないようにしたい。

目安時間:約 3分

 

投資に対するイメージが悪るかったりして、
会社にばれないように、投資をしたいと
考えている人も多いと思います。
 
そもそも、言わなければ、バレないじゃん
と思っているかもしれませんが、
黙っていても、バレてしまう事があります。
 
それがバレるのは、『住民税』の通知書です。
 
会社からの給与は、年末調整で終わり
その後、確定申告をしますが、
その確定申告後の数字をもとに住民税が、計算されます。
 
その計算結果が、会社に通知され
毎月の住民税が、給与から天引きされます。
その、住民税の通知書に載ってきますので、
投資をやっている事が、バレてしまうんですね。
 
では、どうしたらいいのでしょうか?
 
まず、株式投資の場合、NISA口座なら、そもそも申告しませんので、
問題ありません。
 
『特定口座の源泉徴収あり』なら、申告不要で、問題有りませんが、
『特定口座の源泉徴収あり』でも、損失が出た場合
確定申告をすると、損失を次年度以降に繰越て
次年度以降の利益と相殺する事ができます。
 
そのため、確定申告をした方がいいですが、
そのままだと、会社に、投資をやっている事が、バレてしまいます。
 
それを回避するには、確定申告をする時、
確定申告書に、『住民税を自分で納付する』と言う欄がありますので、
そこにチェックマークを入れましょう
 
そうすると、給与から天引きはされずに、
自宅に納付書が届きますので、
自分で納付する事が出来ます。
 
会社に、住民税の通知は、送られないので、
バレる事は、ありません。
 
FXや先物・オプション等も、
『住民税を自分で納付する』と言う欄に、
チェックマークを入れると、自宅に納付書が届き
会社に、投資をやっている事が、バレません。
 
ちなみに、住民税は、給与天引きだと
月々差し引きになりますが、
 
自分で納付だと、期ごとに納付となり
数か月分まとめた金額の納付になりますので、
負担が大きく感じると思います。
納付資金の準備は、忘れずに。
 
 

カテゴリ:確定申告  [コメント:0]

株・FXで損失が出た場合の確定申告は必要?

目安時間:約 1分

 

株やFXで、損失となった場合、
確定申告は、必要有りません
 
でも、確定申告をしておくと、
翌年以降3年間の利益から相殺する事が出来ます。
 
例えば今年50万の損失が出た
翌年80万の利益が、出た場合は、
前年の損失を差し引いた金額
つまり、80万-50万=30万について、税金がかかります。
そのため、確定申告をしておくといいでしょう。
 
また、翌年も損失だった場合でも、
確定申告書を提出する必要がありますので、注意して下さい。
 
ちなみに、株の損失で、NISA口座の場合は、
損失を繰越して、翌年以降の利益と相殺は、出来ません。
NISA口座の損失は、無かったものとして扱われるので、
確定申告は、不要です。
 
 

 

カテゴリ:確定申告  [コメント:0]

妻が、株式投資で儲けても、夫の扶養に入りたい

目安時間:約 3分

 

株式投資を始め、儲けが出た
夫の扶養に入れなくなるのか心配
友人が、そんな相談をして来た
 
そんな時は、NISA口座を活用するといい
 
毎年120万円、継続保有は最長5年間で
最大600万円までの投資の利益が
非課税になります。
 
NISA口座の利益は、無かったものとされるため
夫の扶養に入れます。
 

ということで、専業主婦の方が

NISAで儲けていたとしても

配偶者控除を受けるにあたって

なんの問題もありません。
 
ただ、NISA口座には、いろいろと注意が必要です。

 

NISAを利用した投資で損が発生しても
NISA外の口座(一般口座や特定口座)
の利益と相殺は出来ません。
 
NISA口座の利益は、無かったものとされるため
NISA口座の損失も、無かったものとされます

 
また、非課税期間の終わりには

売却するか

課税口座へ移管するか

ロールオーバー(新たな非課税枠へ移管する)必要があります。
 

この3つの選択肢がありますが

NISA口座で購入した株は、
5年以内に売却していれば問題は有りませんが、
 
5年経過したので、課税口座へ移管する場合
その、移管する時の株価で移管され、
含み損は消去されます。
 
つまりNISA口座で、株価が下がったり状態で売却し
その売却金で、新しい株を、課税口座で購入したのと同じ状態になります。
 
たとえば、NISA口座で、100万投資し5年経って

課税口座へ移管した

そのときの時価が80万でした。

その後、株価が上昇し

100万で売却。

そうすると、税金が発生します!

20万円利益がでていることになるんです。

 

もともとは、100万で取得したものを

100万で売ったのになぜ?となってしまいます。

 

ロールオーバーは

120万円の非課税枠に収まる分だけ

ができます。

それ以上の分は売却したり

他の課税口座に移管することが

求められます。
 

NISAは口座で、株を買った時は、
5年後の非課税期間終了の事を
考えておかないといけませんね。

 

投資の税金、玉川さん(モーニングショー)それは、間違っていると思います。

目安時間:約 3分

毎日、モーニングショーを見ていますが、

税収不足の話が出るたびに
玉川さんが『投資の税率を20%(復興特別税は除く)からもっと上げればいいんですよ。』
とコメントします。

それを聞くたびに、『それ間違っている~』って思います。

おそらく、玉川さんは投資をやっていない
投資=不労所得という概念を持っている
不労所得なんだから、楽して儲けているんだから
そこから、税金をいっぱい取ればいいんだ
と言う考えなんですね

今は、ネットで証券投資が出来るようになり
証券投資をやる人も増えて来た
デイトレーダーとして、投資を職業としてやっている人も多い

介護・育児等のために、会社員として勤める事が出来ず
自分で、時間調整が出来るトレーダーになろうと考える人もいる
むしろ、トレーダーになるしかないと思っている

トレーダーは、傍で見ているほど楽では無い
リスクを取り、お金を動かすので、胃に穴の開く思いをしながら、
一日何時間も、チャートに張り付いている

実際トレーダーをやっている人は、
みんな『サラリーマン時代の方が楽だった』と言う

トレードで生きていくには、博打のようにやっては無理
多くの勉強と実践を繰り返し、技術を身につけないといけません。

利益が出せるようになっても、ちょっとの気の緩みで、
過去数年で積み上げた利益を吹き飛ばしてしまう事もあります。
相場で命を落とす人もいるくらい怖い世界です。

昔、投資は、大金持ちが大金を、運用会社に預けて、
稼いで貰っていました。
それであれば、投資=不労所得で税率を上げてもいいでしょう

でも、デイトレーダー等、本気で仕事としてやっている場合は、
20%の分離課税では無く、
総合課税の累進課税にすべきだと私は思います。

 

FXの所得は、個人事業として、「事業所得」で申告出来るのか?

目安時間:約 3分

 

 

FXによる所得は、

「雑所得」という所得になります。

個人事業として、

FXの所得を「事業所得」として

申告する事は、出来るのか?

 

「FXを事業内容とした個人事業の開業届け」

を出して受理されたと言う人もいますが、

個人事業の届け出を出していても

事業としてみなされるとは限らないです。

 

税務署に何らかの届出を提出した場合、

その記載内容がどうであれ、

基本的に税務署は

収受印を押し受け取ってくれます。

 

ただ、

個人事業の届出を提出しているからといって、

そこに記載した事業内容が

何でも事業としてみなされる

というわけではありません。

 

『FXの所得を事業所得として申告したが、何も指摘されなかった』
と言う人がいますが、

これも同様に、申告書を提出した段階で、

税務署から誤りを指摘されることは、

基本的にありません。

 

届出同様収受印を押印し、受け取ってもらえます。

内容について誤りを指摘されるのは、

申告書提出後、

税務署職員が、チェックした時か

税務調査の時になります。

 

 

事業所得かどうかの判断基準は、

常識の範疇で考えた場合にどうだろうか

(それをメインにしてご飯を食べているかどうか)
という基準で指摘を受けることがほとんどです。

 

専業トレーダーは、

それで、ご飯を食べているのだから、

事業と言えそうですが、

 

所得税法の条文判断上、

事業に分類されていません。

なので、雑所得で申告する事になります。

 

 

専業トレーダーは、

事業所得で申告できるのか?と言う事について

既に、判決が出ており、

事業所得で、申告出来ません。

 

事業所得で申告し、

税務調査で修正となった話もよく聞きますので、

ご注意ください。

 

ちなみに、先物取引も専業でやっても、

雑所得での申告になります。

 

 

 

 

株式トレーダーとFXトレーダーの差し引ける経費の違い。投資の確定申告

目安時間:約 2分

 

 

もうすぐ、今年も終わり、確定申告の時期がやってきますね。

 

今日は、株式トレーダーとFXトレーダーの儲けから差し引ける経費についてお話しします。

 

どちらも投資による儲けですが、計算方法が違います。

 

株式の利益の計算式は

株式の譲渡収入-株式を購入した金額ー証券会社の手数料=利益

 

FXの利益計算式は

FXの収入ー必要経費=利益

必要経費は、その収入を得るために支出した金額なので、以下のようなものが考えられます。

①トレードするために購入したパソコン代

②インターネット利用料

③VPSの利用料

④トレードのための書籍代

⑤情報商材の料金

⑥EAの購入代金

⑦トレード記録のノート代

⑧トレード資金の借入金の利息

※⑧の利息は、トレード資金である事が、ちゃんと証明出来ないといけません。

ただし、私は、借りたお金でのトレードは絶対に勧めません。

 

 

所得税法上の規定が違うため、株式トレーダーと、FXトレーダーでは、差し引ける経費に違いがあります。

いくら株式トレードのために、本を買ったり、インターネット使っても、株の譲渡収入から差し引けません。

また、自動売買ソフト購入費も、株式トレーダーは、経費として差し引き出来ません。

でも、FXトレーダーは、自動売買ソフトは、経費として差し引けます。

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

カテゴリ:確定申告  [コメント:0]

証券口座は、一般口座と特定口座どっちがいいのか?

目安時間:約 3分


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

 

証券会社に口座を開設するとき、
一般口座か特定口座か選択する必要がある。
特定口座はさらに、
『源泉徴収あり』か、『源泉徴収無し』の選択の必要がある。
特定口座とは、
個人投資家に代わって証券会社が1年間の損益計算をしてくれる制度です。
さらに、『源泉徴収あり』を選べば、証券会社が取引ごとに税金を清算してくれる。
それで、確定申告は不要となっている。
しかし、損失が出た場合、次年度に損失を繰越したい場合は、
必ず確定申告をしないと、損失の繰越しが出来ない。
細かい計算が苦手な人や、忙しい人は、特定口座の源泉徴収ありが便利です。
私は、所得税法の知識があるので、自分で計算・確定申告は出来ますが、
手間がかかるので、特定口座の源泉徴収ありにしています。
そして、確定申告が必要な優遇措置を受ける時は、
特定口座で源泉徴収された後の資料を、証券会社に出してもらって、
確定申告をしています。
『特定口座の源泉徴収なし』は、
証券会社が損益の計算まではしてくれますが、
税金の清算はしてくれないため、
確定申告は必要です。
確定申告は自分でしなければいけませんが、
損益の計算がされた資料を証券会社が出してくれるので、
申告の負担は軽くなります。
一般口座は、
損益の計算も確定申告も全て自分でやらないといけませんから、手間がかかります。
しかし、証券税制の特例では一般口座しか使えないものもあります。
(これは、平成13年9月30日以前に買った株式が有る場合に取得費の特例なので、関係無い人が多いと思う。)
また、自分で確定申告をする場合、

配偶者控除や国民健康保険税の計算にも影響してくる。
以上の事を検討すると、
『特定口座源泉徴収あり』の方が無難だと思います。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

カテゴリ:確定申告  [コメント:0]

ページの先頭へ