■投資 お金を増やす

■自己紹介


FPアドバイザー:happy ハリー


 

お金や投資につて、分かり易く、情報を提供します。


詳しいプロフィール  

★PR

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

■PR

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

PR


リボ払いの罠・知ってますか?

2014年10月23日

リボ払いは、分割払いの一つの支払方法ですが、

『毎月○万円だけ』と定額を支払う方法です。

クレジットカード会社は、積極的に『リボ払い』を勧めてきます。

『ゆとりを持って返済』

『毎月の返済額が変わらないので安心』

『リボ払いにするとポイント2倍』

『リボ払いの返済を設定すると、キャッシュバック○千円』

等々

毎月の返済が減ると言うことは、

一見『借り手にやさしい契約』のように思えますが、

そうではありません。

『リボ払い』にすると言う事は、

支払うべきお金を先延ばしにしていることです。

毎月の返済額が減れば減るほど、

返済し終わる日は遠いのです。

借金の期間が長くなると言う事です。

それだけ、利息も多く取られます。

しかも、リボ払いの利率は、

分割払いより高い利率で設定されています。

『毎月、同じ金額だけ払っていればいいから気にならない』

と考えているあなたは、危険です。

新たに買い物をしても、

リボ払い選択しておけば、月額の引落しは変わりません。

そのため、負担が軽いように感じ、気にならないのです。

ですが、新たに買い物をすれば、

先延ばしにする返済額は、当然増えます。

その借金は、遠い将来の自分が支払うのです。

さらに、怖いのは、

CMなどで宣伝されているリボ払いは、

『元利均等払い』だと言う事です。

返済期間が延びるにつれ、

計算上の利子がどんどん増えていきます。

そう。『毎月の返済額に占める利子の割合が増える』

つまり元本の返済がなかなか進まなくなるのです。

さらに、この利息は『複利』で計算されています。

より一層利子が増え、完済しづらくなるのです。

クレジットカード会社からすれば、

威力のある『複利』でできるだけ長い期間、

借金してもらいたいのです。

だから『リボ払い』を勧めるのです。

決して、あなたのためではありません。

自分は、

『消費者金融から借金なんてしてないし、多重債務者にはならないよ』

と思っているのかもしれませんが、

クレジットカードのリボ払いで、

『破産』に追い込まれる可能性がある事を知っておきましょう。

保険は、掛け捨て型と積立型どっちがいい?

2014年09月18日

保険は何のためにかけるのか?

それは、万が一の時に、多額の出費をするのを避けるためです。

保険料は、支払わなければいけませんが

保険に入っていれば、万が一保険事故が起きた時には、

ほとんどの損失をカバーしてくれます。

保険料を払いたくないので、自動車保険すら入らず。

自動車を運転している人がいますが、

とても恐ろしい事です。

万が一の事が起こらなければ、問題はありませんが、

もし、万が一の事が起こった場合、

損害額が、あなたの支払能力を超えるでしょう。

海外旅行に行く時、保険を掛けていなかったため、

現地で、病気をして海外の医療機関を利用し、

多額の医療費を請求され、持ち家を売って支払った人さえいます。

保険に入っていなければ、致命的に負け再起不能となるかもしれません。

その保険ですが、掛け捨てか積立型かどっちがいいのか、

よく友人同士話題になります。

積立型は、何年か後にお金が返ってくるので、お得感があるようですが、

積立型保険は、保険料が高く付きます。

結局、積立型保険は、

掛け捨て部分と積立部分の両方の保険料を合わせて払っている事になります。

私の個人的な意見ですが、保険は掛け捨てで、保険料を安くした方がいいです。

そして、別に銀行等に貯蓄をすればいいのです。

積立型保険は、通常解約出来ない期間が決まっていて

その期間に解約すると、

積立てたお金から大幅に手数料を差し引かれて戻ってきます。

銀行預金は、好きな時に引き出せますが、保険はそうではありません。

そう考えると、積立型の保険をする意味がわからなくなります。

お金を貯めたいのであれば、自分で預金すればいいのです。

私なら、積立保険料部分を投資に回します。

ただ、積立型保険に加入すれば、強制的にお金が引き落とされ、

貯蓄に回されます。

自分の力で貯金出来ないという人には、

積立保険も意味があるのかもしれません。

借入金返済・・・元利均等払いと元金均等払い、どっちが有利か知っていますか?

2014年09月10日


 
 

借入をすると、月々いくらかづつ返済していきます。

毎月返済しているお金には、『元金』と『利子』の二つが含まれています。

あなたが、今支払ったお金が、

元金の支払なのか利子のなのかを知る事は、とても大切です。

借入の返済方法には、大きく分けて2つあります。

『元利均等払い』と『元金均等払い』です。

『元利均等払い』は、

元金と利子を合わせた返済額が、

毎月同じ額になるように、支払う方法です。

借入金の金額と元金と金利、返済期間が、決まれば

トータルでいくら利子を払わなければいけないかがわかります。

その利子の合計と元金を合計して、返済回数で割れば、

一月あたりの返済金額が決まります。

毎月同額を、最後の返済月まで支払う方法です。

『元金均等払い』は、

もともと借りている元金を返済期間で均等に割り、

それに利息を加えて返済していく方法です。

利息は、元金の残高に計算されるので、

最初は利息が大きく元金が減るにつれて利息が少なくなります。

各月の返済金額は違います。

最初は返済額が多くなり、

返済期間が経過するにつれ、月々の返済額は少なくなっていきます。

多くの場合『元利均等払い』が選ばれます。

最初のうちは支払額が少ないのと、

毎月定額なので分かり易いと考えるからでしょう。

金融機関も、

『こちらの方が、お客様負担が少なくて、よろしかと思います。』と勧めてきます。

でも、これが罠なんです。

『元利均等払い』の場合、返済当初は、利息分を先に払っていく仕組みになっています。

元金の返済がメインになるのは、随分期間が経過してからです。

元金がなかなか減らないというのは、その分利息が多くなる事を意味します。

元金を先に払うか、利子を先に払うかは、とても大きな違いになります。

じつは、金利を先に返済する方が圧倒的に不利です。

同じ借入金額・同じ利率・同じ返済期間で比較計算すると、

支払う金額は、『元利均等払い』の方が圧倒的に多いです。

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ 

FXの利益は、原則確定申告が必要です。

2014年08月26日


 
 

 

こんにちは、ハリーです。

 

友人に、『FXって申告必要?』って聞かれたので、

 

今日は、この事について、説明します。

 

FXは、原則申告が必要です。

 

年収2000万以下のサラリーマンは、給与以外の収入が、FXのみだった場合

 

FXの利益が、20万以下なら、申告は不要となります。

 

年収2000万超のサラリーマンや、サラリーマンじゃない人は、FXの申告が必要という事です。

 

FXは、『外国為替証拠金取引』の事で、

 

通貨の売買をします。

 

つまり、円を売ってドルを買うとか、ドルを売ってユーロを買うとかの取引です。

 

FXを扱う会社に一定のお金(証拠金)を預け、その何倍もの金額を取引出来る金融商品です。

 

FX取引は、株の特定口座のような源泉徴収制度が無いため、利益が出れば原則確定申告が必要です。

 

注意が必要なのは、FX取引でも何処で取引しているかによって、

 

申告方法も税金の計算も異なってきます。

 

次の2つに分類されます。

 

①東京金融取引所を通して取引する『くりっく365』

 

②FX会社と直接取引をする『相対取引』

 

『くりっく365』は、『申告分離課税』で税率は一律20%(取得税15%住民税5%)です。

 

※申告分離課税というのは、給与とか他の所得と別に単独で税率を掛けて計算する方法です。

 

『FX会社と直接取引の相対取引』は、『総合課税』です。

 

※総合課税というのは、給与とか他の所得と合計して、トータルに税率を掛けて計算する方法です。

 

総合課税の場合、合計した所得の金額に応じ、

 

税率が5%~40%と所得が大きくなるにつれて税率が高くなります。

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


 

投資信託を購入する時のチェックポイント

2014年04月15日


 
 

投資信託を初めて購入する時は、あまりの商品の多さに圧倒されて、
何を買ったらいいのか解らなくなる事があります。
いろいろ見ているだけでも、時間がかかり、疲れてしまいますね。
投資信託を選ぶときのチェックポイントを上げてみますね。

1、ノーロードか手数料有りか?
 初めての場合は、ノーロードがいいでしょう。

2、債権型か株式型か?
 両方をそれぞれ買いましょう、
 一つしか買うお金が無い時は、債権型を先に買うといいでしょう。
 で、次にお金が有る時に株式型をかいましょう。

3、国内型か国際型(海外)か?
 両方をそれぞれ購入しましょう。
 一つしか買うお金が無い時は、国内型を先に買うといいでしょう。
 で、次にお金が有る時に国際型をかいましょう。
 ただし、国際型(海外)は、どこの国に投資するものか確認を、
 初めての時は、先進国に投資するものを選びましょう。
 新興国にたいするものは、リスクが大きくなるので、
 投資に慣れてから、買うようにした方がいいと思います。

4、インデックスファンドかアクティブファンドか?
 最初は、インデックスファンドを買うといいでしょう。
 その後、アクティブファンドも取り入れて行きましょう。

5、償還期限有りか無期限か?
 最初は、無期限のものを選ぶといいと思います。
 償還期限が有るものを買う場合は、
 償還期限があと5年以上残っているものがいいと思います。
 もし、償還期限が後1~2年で終わりと言うものを買うと、
 購入後に価格が下落した場合、回復しないまま償還期限を迎えると
 損失になってしまいます。

6、純資産総額を見よう。
 純資産総額とは、簡単に説明すると、
 投資信託の代金を投資家から集めた金額に、
 運用益が加算され、経費が引かれた金額です。
 商品説明のところに、純資産総額が表示されていますので、確認しましょう。
 出来るだけ、純資産総額が大きいものを選びましょう。
 解約が多くなって純資産総額が少ないものは、
 無期限のものでも終了してしまうかもしれません。
 純資産総額の過去の推移グラフもありますので、
 増えているのか減っているのかも見る事が出来ます。

7、基準価格について
 投資信託を最初に募集する時の基準価格は、10,000円からスタートしています。
 最初に買う人は、10,000円で買っているという事です。
 それが、いま上がっているのか下がっているのか見ておきましょう。
 投資信託は、買いの注文を入れる時、表示される基準価格は前日のものです。
 実際いくらかは、購入後に確定しますので、
 少し金額がずれる事を覚えておきましょう。
 
8、チャートを見る
 過去の基準価格の変動のグラフがありますので、
 いまの価格がどのぐらいに位置するのか確認しましょう。
 今が一番高い位置に有る場合は、さらに上がる見込みがあるならば買ってもいいのですが、
 判断が難しいと思うので、避けたほうが無難でしょう。

9、過去の分配金
 過去の分配金の支払実績がありますので、見ておきましょう。
 分配金の支払は、商品によって、年1回とか半年に1回とか毎月とかあります。

10、分配金受取りコースか再投資コースか
 分配金を受取りコースにするか、再投資にするかを選択する場合があります。
 分配金受取りコースだと、その都度税金が引かれて受取るので、
 複利の効果を考えると再投資がいいでしょう。
 しかし、配当の入金が口座に毎月入ってくるのが、
 楽しみで受取りコースにしたいと言う人もいます。
 (株式型の場合はニーサ口座だと税金は引かれません。)

10、解約時の手数料の有無
 解約時に手数料が取られるものと無いものがあります。
 納得できれば、どちらでもいいです。

以上、投資信託のチェックポイントを思いつくままリストアップしました。
参考にしていただければ幸いです。
他に思いついたら、追加更新しますね。

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ 

定年後の再雇用で、給与が半分は違法?

2013年11月10日


 
 

定年の年齢が延長されて、再雇用となると

 

ほとんどの場合、給与が下がります。

 

その給与が下がった事に対して、過去に訴訟がありました。

 

(平成22年の大阪高裁の事例)

 

社員が、定年を迎えて嘱託社員として再雇用され

 

 

業務の内容は、正社員の時と全く変わらないにもかかわらず

 

給与は、半分になった。

 

社員は、それを違法として訴えた

 

裁判の結果は・・・・

 

違法性は無いとして、会社が勝訴となりました。

 

高年齢者雇用安定法は、

 

社員本人が希望する場合は、定年後も延長して、再雇用する事を義務付けていますが、

 

給与が下がらないように保護はしていません。

 

定年で、社員の身分である雇用契約が一旦リセットされ、

 

再雇用契約は、新たな契約となります。

 

給与が半分でも、法律上問題はありません。

 

下がった給与を提示され、そのまま我慢して働くか、

 

退職するか

 

その年で、転職は難しいですね・・・

 

定年はまだ先の事と思っていても、時が経つのは早い

 

先の事を考えて準備しておかないと、

 

悲惨な事になります。

 

年金だけでは、とても暮らしていけません

 

自分の身は自分で守らなければいけないと思います。

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ 
 

 

 

 

 

 

投資の話し  もっと早く教えてくれてたら、今頃は・・・と言う友人

2013年10月24日


 

 

 

 

会計事務所に勤める友人に、
 

数年前に投資を始める事を勧めると、

 

『うん!やる教えて』とあっさり決めた
 

手続き方法を教え、最初の商品を買うところまで、手伝ってあげました。
 

最初は、5万くらいを入金して商品を買い
 

その後、毎月の給与やボーナスからすこしづつ入金したりして、
 

今では、100万くらい投資している。
 

ほんの2~3年の間に、利益が50万といい結果

 
友人は、投資信託だけしか買っていません。

 
株式型・債権型・国内・海外の
 

投資信託をいろいろ組合せて買っています。
 

この間、『もっと前に投資を知っていたら、今頃はもっとお金が貯まっていたのにねぇ・・・。』
 

と、ぼやいていました。

 
投資をしてない銀行預金の頃に比べると、50万も利益が出たんだから、

 
本当は、その50万の方に感謝すべきだよね・・・・

給与の2~3ヵ月分くらいを、お金さんが働いて稼いでくれたんだから、
 

でも、人間って欲張りだから、もっと前で知ってたらと思うよね・・・

 
私も、そう思っているので。

 
投資を始めるのは、いつでも遅くはないが、若ければ若いほどいいのだ。

 

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ 

 

 

 

 

 

来年4月から消費税が、8%に上がりますね。アベノミックスで、給与は上がる?

2013年10月17日


金融・投資(全般) ブログランキングへ

 

 

 

来年から消費税が、上がる事が決まりました。

 
消費税は、もともと上げやすい税金として、竹下内閣時代につくられたものです。

 
消費税の対象は、広いので、税率を上げればすぐに多額の税収が集まりますから、
 
消費税が上がるのは、来年4月からですが、
 
すでに、いろんなものが値上げしていますね。
 
スーパーに行けば、いろんな商品が、
 
値上げされています。
 
量を減らして隠れ値上げしているものもありますね。
 
こんな状況で、消費税が上がると、確実に生活は苦しくなります。
 
アベノミックスで、法人税を減税し来年は、給与が上がると言っていますが、
 
法人税が、減らされたぶんの、お金が社員に還元され、給与が上がると・・・・
 
しかし、
 
日本の企業は、赤字企業が多いため70%の企業が、法人税を払っていない。
 
払ってないのだから、法人税の減税分なんてお金は無い
 
中小企業は、きっと給与は上がらないでしょう、
 
会社が、利益を出して、相当儲からないと、
 
潰れそうな、会社が多い中、
 
従業員に還元出来るレベルまで、成長出来る中小企業がどれだけあるのだろうか・・・?
 
『消費税の増税で、個人の負担は、どれだけ増えるか』
 
年収250万未満で、約6万円の負担増加
 
年収450万~500万の人で、7万円の負担増加だそうです。
 
給与が上がらなければ、
 
今まで、貯金出来ていた分がその分減る事になる。
 
貯金すら出来ない生活をしていた人は、
 
生活レベルを下げるしか無いのだ。
 
お金について真剣に考えて、
 
自分の身は自分で守らなければいけないと思う。

 

 
ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

インフレとデフレとは?

2013年10月09日


金融・投資(全般) ブログランキングへ
 

 

 

物価(物の金額)が上昇し、貨幣価値(お金の価値)が

下がる状態がインフレ

物価が下落し、貨幣価値が

上がる状態がデフレ

2000年以降日本ではデフレ状態でした。

デフレでは、物価が下がるので、購買力(買いたいと言う気持ちと買う行動)

が上がるので、資産を運用するには、やりやすいのですが、

インフレになると、物価が上がるので、

100万で買えたものが、100万では買えなくなり、

同じものを買うのに、100万以上のお金を必要とする。

つまり、資産が目減りする。

資産をいくら持っているかよりも、

持っている資産で、どれくらいの物やサービスの提供を受ける事が出来るかが重要です。

今現在はいろんな物が値上げしてきている状態です。

投資して、リターンを増やす事を考えていかないと、

来年は、消費税も上がるし、円安の影響を考えると、

預貯金だけで、資産を守っていくのは、リスクが大きいのである。

 

 

 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

アクティブファンドは、インデックスファンドに比べハイリスク・ハイリターン

2013年10月08日


金融・投資(全般) ブログランキングへ
 

 

 

アクティブファンドは、市場と連動せず

ファンドマネージャーが、独自に投資判断をし、

日経平均株価やTOPIX等の市場の指数よりも

高い運用成果を目指すものです。

(インデックスファンドは、日経平均株価やTOPIXに連動させて運用している)

インデックスファンドに慣れたら、アクティブファンドも取り入れるといいと思います。

アクティブファンドがどのような方法でリターンを実現するかは、

商品によっていろいろ違います。

投資会社の強みや専門性を理解して選ぶ事が重要です。

そのため、アクティブファンドの銘柄選択は難しいです。

過去の実績や手数料は必ず確認しましょう。

ファンドの純資産が小さすぎるものは避けましょう。

純資産は、運用レポートで確認出来ます。

運用レポートは、ネット上で見る事が出来ます。

純資産のほかに、運用成績、分配実績などのデータが掲載されています。

 
 

 

 

ランキングに挑戦中、クリックしていただけたら、嬉しいです。

     ↓


金融・投資(全般) ブログランキングへ

1 / 212
 
一眼レフを極める